日本経済一歩先の真相

【転載開始】

■自画自賛の笑止 株高も求人増もアベノミクス成果にあらず
  2017年10月20日

 安倍首相が連日、選挙の応援演説でアベノミクスの
「成果」と称し、細かな経済統計を並べている。
とりわけ強調したがるのは、株価の21年ぶりの
高値圏と有効求人倍率のバブル期超の高水準だ。
はたして、これらが「成果」と言えるのか。

 まず株高は日本に限った現象ではない。
世界の株式市場が活況に沸き、米、独、韓など
各国の主要株式指標が相次ぎ過去最高値を更新。
先進国で更新していないのは、日本ぐらいなものだ。

 米MSCI算出の世界株価指数が今年に入って
2割上昇したのに対し、日本株の上昇率は11%に
とどまる。
むしろ、日本は世界同時株高に出遅れているのだし、
日銀や年金資金などに支えられた「官製株高」で
あることも忘れてはいけない。
とても、アベノミクスの「成果」と胸を張れる状況ではない。

 8月の有効求人倍率は1・52倍。
43年ぶりの高水準は少子高齢化が招いた深刻な
人手不足を反映している。
若者の人口が減り、定年後も嘱託などで働いていた
「団塊の世代」も65歳を越え、続々リタイア。
15~65歳の「生産年齢人口」は急減している。
それこそ安倍首相が解散表明で語った「国難」の一つが
表面化した数字で、自慢して回っている場合ではない。

 毎月の現金給与総額は横ばいで、賞与は減っている。
正社員の求人倍率が1倍を超えても、非正規雇用は
安倍政権の5年弱で250万人近く増えた。
安倍首相は「経済成長の流れを中小企業に広げる」と
力説するが、中小企業の収益力はマイナス続きだ。

 どこにも自画自賛できる材料はないのに、街頭演説
で安倍首相はこれ見よがしの態度だ。
本来なら「頑張っているけど、効果はまだ」と言うべき
ところを、「民主党政権時代には成し得なかった」と
誇らしげである。
アベノミクスの幻の成果という煙幕を張り、もり・かけ
疑惑から逃げ回る。安倍首相の嫌な本性が表れて
いるが、自民が大勝すれば「みそぎ」ムードになり
そうで、つくづく腹立たしい。

 かような経済状況では消費税率を上げる前に、
国債依存度を減らすべきだが、安倍政権は日銀に
国債を買わせまくり。
国債発行残高は政権発足直後から来年度末には
160兆円も増える見込みだ。
そのうえ、首相は消費税アップの増収分の使途を
借金返済から子育て支援に変えるというから、
日銀の異次元緩和も財政健全化も出口は遠のく
ばかりである。

 今年4~6月期のGDPの成長率は、速報値の
年率換算4%から改定値で2・5%へと大幅に
下方修正された。
まさか、選挙前に役人が政権側におもねり、
数字をごまかしたわけではあるまい。
ただ、アベノミクスが総括されず自民が大勝すれば、
必ず今以上に「忖度の嵐」が吹き荒れるのは間違い
ない。

【転載終了】

***************************

 官製株高には、日銀のETF(上場投資信託)の
買い入れが貢献しており。
年6兆円のペースで増えています、残高は20兆円を
超えています。
これは日銀自己資本約8兆円の3倍近くになっており、
リスクが拡大いています。
このまま買い入れを続けると、リスクが確実に蓄積して
いくでしょう。

 日銀は後戻りできないところまで来ているのかも?

 最終的には、預金封鎖、デフォルトとなる可能性を
経済の専門家も指摘しています。

 ジム・ロジャースの「安倍首相が日本の経済崩壊させる」、
という予言は、多分、このことを指摘しているのでしょう。

 最近では、名のある大手企業の不祥事や大きな損失、
そして、海外企業Ⅿ&Aの失敗などが多発しており、
不安要素が拡大しています。


情報速報ドットコム

【転載開始】

■百田尚樹&有本香「立憲民主党は政党要件を満たしてない」
  総務省「政党要件を満たしています」

 ジャーナリストの有本香氏や評論家の
百田尚樹氏が立憲民主党についてデマ情報を
流していると話題になっています。
問題となっているのは番組「真相深入り!
虎ノ門ニュース」で有本香氏が立憲民主党の
政党要件に触れた場面です。

 有本氏は立憲民主党が政党要件を満たしていない
可能性があるとして、「党が出来た日が10月3日って
なってるんですよ。解散後ということは、枝野さんも
含めて議員バッジを外したあとですよ。厳密なことを
言い出せば政党要件を満たしてるのかってことですよ」
と番組中でコメント。

 これを聞いた百田尚樹氏も「違憲民主党やね!」
などと賞賛のコメントをしており、立憲民主党は違法の
可能性があるというような前提で番組の話が進んで
行きました。

 番組の放送後には、この場面がくり抜かれてネット上
で拡散され、「立憲民主党は違法」「立憲民主党は政党
ではない」というようなデマ情報が右派層やまとめブログ
を中心に拡散されます。

 しかしながら、騒動を受けてネットメディア・
ハフィントンポストが総務省に連絡をしたところ、
「衆院解散前の議員数がカウントされるため、
立憲民主党は政党要件を満たしています」
との回答がありました。

 政令には解散で議員でなくなった「前職」も算定すると
記載されていることから、立憲民主党は政党要件を
満たしていたことになります。

 つまり、有本香氏や百田尚樹氏がバラ撒いた
「立憲民主党は政党要件を満たしていない」という
情報は全くのデマ情報だったと言えるでしょう。
*意図的に嘘情報を選挙期間中に流した場合、
公職選挙法違反で捕まる可能性があるので注意。


 「立憲民主党は政党要件を満たしてない」 ⇒
 間違いでした
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/19/
sitouyoken_a_23248344/
立憲民主党は10月3日、枝野幸男氏ら解散前まで
衆院議員だった6人のメンバーで総務相に政党の
届け出を提出した。つまり、政治資金規正法で
定めた「国会議員が5人以上」という政党要件を
満たしていることになるという。

■産経新聞も誤報
なお産経新聞も以前、DHCテレビと同様の間違いを
していた。
10月1日の記事で「新党を作るには、原則国会議員5人
以上の参加が必要だが、衆院解散に伴い前衆院議員
はカウントできない」と報道した。
日本報道検証機構の指摘後、5日の朝刊で
「前衆院議員も含みます」と訂正を出している。


新党結成 前職は政党要件でカウントされない?
http://gohoo.org/17100601-2/
政党助成法などには「所属国会議員5人以上」という
政党要件がある。だが、政令に、解散で議員でなく
なったいわゆる「前職」も算定するとの規定があり、
「衆院解散に伴い前衆院議員はカウントできない」
という説明は誤りだった。

【転載終了】

****************************

 百田尚樹氏は問題外としても、
ジャーナリストの有村香氏は取材もしていないようですが、
ジャーナリストして失格ですね。

 ましてや、産経もメディアとして裏取りもなくの報道も問題です。
大きく報道、小さく訂正の確信犯かも?

 ネットでウジサンケイと揶揄されていますが、
なんか、納得してしまいますよね。

 自民よりの著名人と報道機関がつるんでの
選挙妨害と批判されても仕方がないですよね。


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■立憲民主潰しに血眼 安倍自民が苦戦する「激戦74選挙区」
  2017年10月19日

 大手メディアが「自公300議席」と報じている
10・22総選挙。
しかし、289選挙区のうち、自民党候補が
「当選圏内」に入っているのは、せいぜい150程度だ。
残りの140議席は、どうなるかまったく分からない。
自民党は51の選挙区で野党候補と接戦となり、
23人の無所属候補にリードを許すか接戦となって
いる。

 安倍自民党は立憲民主つぶしに血まなこになって
いる。
16日夜、安倍首相も出席した選対会合では、
49の激戦区を重点区として指定。
投票日まで残り4日。
自民党はこの重点選挙区を徹底的にテコ入れする
方針だ。
激戦区の多くで立憲民主と戦っている。

 政治評論家の山口朝雄氏が言う。

 「自民の最大の敵は、勢いを失った希望の党では
ありません。安倍政権が恐れているのは、立憲民主
旋風の背後にいる市民の力です。組織票ではありま
せんから、立憲民主の候補がどれだけ伸ばすのか
読めないのです。安倍自民はなりふり構わず総力を
挙げて立憲民主をつぶしにくるでしょう」

 実際、北海道や東京など、自民が激しく競り合って
いるのは立憲民主だ。
自民がことごとく競り負けると、議席は激減する。

 自民は立憲民主の勢いに戦慄しているという。
何しろ、動員もしていないのに、枝野代表の街頭演説
には1000人単位の人が集まり、党のツイッター
フォロワー数は数日で第1党になって、現在約18万人
で独走中。
個人献金も1日余りで900人超から、計1700万円が
集まった。
応援する有権者の熱気が、自民とはまったく違うのだ。

 さらに、自民が立憲民主を“目の敵”にする大きな
理由がある。

 山口朝雄氏が続ける。

 「選挙後の政権運営を考えると、なにがなんでも
立憲民主の議席を少なくしたいのだと思う。改憲や
安保法制で同じ立場の『希望』や『維新』は仲間の
ようなものです。一方、立憲民主は筋を通す本物の
野党です。政権にとって目障りな勢力が力を持つこと
はどうしても避けたい。立憲民主さえいなければ国政
を自由勝手にできる。それに立憲民主に躍進されて
しまうと、トータルの数字で与党が圧勝しても、勝利が
かすんでしまいます。もし立憲民主が50台に乗せたら、
勝者は立憲民主のようになってしまう。
何としても最小限の躍進で食い止めたいのです」

 自民VS立憲民主――この戦いが選挙を決める。

【転載終了】

**************************

 マスコミの“自民300議席も・・・”という報道は、
無党派層を投票に行かせないためのプロパガンダの
可能性も高そうですね。

 しかし、逆に有権者に自民一強(安倍独裁)への
危機感を植え付けてしまったのかもしれませんね?

 ここにきて、危機感から自民ネトサポや右派の著名人が
立憲民主攻撃を激化させたのかも。

 百田尚樹氏など、顰蹙を買うような人の口撃は、
結局逆効果でしょうね。

 ところで、自民の動員は学会員がかなり動員されて
いるとか?

 投票まであと4日です。


田中龍作ジャーナル

【転載開始】

■「安倍怖い」泉田支持者が野党選挙事務所に“転入”

 泉田裕彦・前新潟県知事を長年、敬愛し支持
し続けた長岡市の主婦(40代)は、泉田前知事が
自民党から出馬すると知ってからも支持する
気持ちが揺らぐことはなかった。

 だが、ある出来事をきっかけに“転向”することに
なった。
それは12日、安倍首相の新潟遊説だった。

 遊説会場で主婦が「お前が国難だ」のプラカードを
持っていたところ、自民党職員とSPにプラカードを
無理矢理下ろさせられたのである。

 表現の自由を謳歌して育った彼女にとってショック
だった。
彼女は反射的に思った。
「泉田さんを支持すれば安倍さんを支持することになり、
こんな恐ろしい社会を招くことになる」と。

 彼女は野党共闘の大平えつこ(無所属)の陣営に
選挙スタッフとして入った。
大平の選挙事務所に行くと、彼女と同じ理由で
泉田支持から転向した男性(60代)がいた。

 「ダークサイドに落ちたな、泉田裕彦」。
JR長岡駅前できょう、行われた野党共闘の街頭演説で
森ゆうこ(自由党)は、かつての同志を厳しく批判した。

 泉田は知事時代、原子力村からの厳しい圧力に
さらされた。
3期目の後半は毎晩のように森に「泣き」の電話を入れた。
「もうダメです。やっていけません」。
森はそんな泉田を慰め励ました。

 森にとって弟のような存在の泉田が自民党に
行ったのである。
「ダークサイド」は悔しさの表れだ。

 長岡駅前の街宣には、泉田の経産省時代の先輩で
ある古賀茂明も登壇した。

 古賀は最後まで泉田への説得工作にあたった裏話を
紹介した ―

 「泉田は『(自民から出る)そんなことするわけないでしょ。
裏切り者になっちゃうんですよ』と言っていた」。 

 「泉田は『私が自民党を変えます』と言うが、
東京に来たらあり得ない。騙されちゃいけないんだ」。     

 聴衆からは「そうだ裏切ったんだ~」と合の手が飛んだ。 

 3期12年間、知事を務め抜群の知名度を誇る泉田は、
自公という強大な組織に支えられる。
だが野党統一候補からの切り崩しに遭い、
楽な選挙とは言えなくなっている。

 原発再稼働に立ちはだかっていたのに、
原発推進の自民党から出馬した・・・
信念を曲げ、変節した候補者に、有権者の目は厳しい。

 (敬称略)

【転載終了】

**************************

 泉田氏は、元福島県知事だった佐藤栄佐久氏が、
原発反対で汚職事件の冤罪を仕掛けられ、
県知事を引きずり降ろされたことが脳裏をよぎったのでしょう。

 結局、国家権力に屈してしまったのでしょうね。


時事通信

【転載開始】

■「不都合な真実」説明不足=モリ・カケ、改憲素通り―安倍首相

 衆院選の投開票が22日に迫る中、安倍晋三首相
(自民党総裁)が演説で、森友・加計学園をめぐる
問題や、国論を二分しかねない憲法改正、痛みを
強いる労働政策の見直しなどへの言及を避けている。
選挙戦への影響を考慮してあえて触れない戦術の
ようだが、野党は批判している。

 「国内総生産(GDP)は50兆円増えた。
株価は21年ぶりの高値になった。
海外からの観光客は2400万人に増えた」。
首相は17日の秋田県能代市での街頭演説で、
政権の「実績」をいくつも挙げてみせた。

 だが、衆院解散を表明した先月25日の記者会見で、
「丁寧に説明する」と約束していた森友・加計問題には
一切触れずじまい。
悲願のはずの改憲も話題にしなかった。
首相周辺は「ネガティブなキーワードを言う必要はない」
と解説する。

 実際、首相の演説内容は、
(1)北朝鮮問題(2)少子化・社会保障(3)アベノミクスなどの
実績アピール―の3本柱で構成される。
森友・加計問題について9日のTBS番組では
「こういう場で質問されれば答えるが、街頭演説で説明
するのは(控える)」と語り、選挙演説では言及しない
姿勢を鮮明にした。

 有権者にとっては、投票先を決める判断材料の一部が
示されない状況だが、首相が言及しないのは、
森友・加計問題や改憲方針だけではない。

 自民党は衆院選公約に、ギャンブル依存症への懸念が
くすぶるカジノ推進を明記。
さらに、選挙後は野党が「残業代ゼロ法案」と批判する
「高度プロフェッショナル制度」導入を目指しているが、
首相の演説では聞かれない。

 野党が警戒するのは、首相がこうした積極的に訴え
なかったテーマを選挙後に「ごり押し」する展開だ。
2014年の前回衆院選に勝利した首相は、争点化を
避けた安全保障関連法の成立に突き進んだからだ。
立憲民主党の枝野幸男代表は
「首相は勝てば何をやってもいいと勘違いしている」
とけん制を強める。

 とはいえ、野党の説明不足も目立つ。
希望は公約で消費税増税凍結の代替財源として、
大企業の内部留保課税を打ち出したが、
経済界の反発が強いと感じてか、最近は主張を抑え気味。
小池百合子代表(東京都知事)は17日の千葉県柏市の
街頭演説で触れなかった。
 立憲も「原発ゼロ」を掲げ、枝野氏が演説で訴えるものの、
詳しい説明はしていない。
ゼロを実現するための具体的な工程表について問われる
のを避けていると見る向きもある。

【転載終了】

**************************

 GDP50兆円増は嘘で、30兆円水増しですがね。

 小池氏の自滅で希望潰しは成功しているようですが、
その代わり、立憲民主の勢いが強まっています。

 自民党も焦り出しているようで、
自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)の活動が
激しくなっているようです。
J-NSCには約1万9000人のメンバーが所属しており、
ツイッターや動画サイトなどで積極的に与党の応援活動
を展開中です。
与党側は「書き込みの内容はあくまでも自己責任」として、
J-NSCの個別の活動には関与していないとしています。

 実際の活動を見ると、大規模な大会などで自民党議員
らがアドバイスをしている場面が多く、自民党本部の
指揮下に入っているとの分析もあります。

 また、百田尚樹氏も、自身のツイッター上で、
「立憲民主党はクズの中のクズ!クズの集まりの
希望の党にも弾かれたクズたちだ」と述べ、
希望の党以下だとの相変わらずの暴言を吐いています。

 これほど品のない作家(?)も珍しいですね。

 立憲民主は3倍、4倍の議席とも言われていますので、
自民党も希望から立憲民主に攻撃を切り替えたのでしょう。

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR