アメリカ海軍、シリアのロシア軍基地沖で威嚇・・・ロシア軍は臨戦態勢に。


桜井ジャーナル

【転載開始】

■アメリカ海軍の駆逐艦がシリアのロシア軍基地沖で威嚇、
 ロシア軍は臨戦態勢に

 シリアに駐留しているロシア軍の防空部隊が
臨戦態勢に入ったと伝えられている。
アメリカ海軍は駆逐艦のドナルド・クックを
シリア沖へ移動させた。
ロシア海軍の基地があるタルトゥースから
約100キロメートルの地点に到達、
さらに駆逐艦ポーターも同じ海域へ配備される
と言われている。
ロシア軍機が米駆逐艦の近くを警告のために
飛行しているともいう。
​イスラエル軍はアメリカに対し、シリアを直接
攻撃するように要求してきたが、それに応じた
形になった。

 ドナルド・クックは2014年4月に黒海でロシア
を挑発したことで有名。
ロシアの国境近くを航行して挑発したのだが、
ロシア軍は非武装のSu-24を派遣して艦船の
近くを12回にわたって飛行させている。

 その直後にこの駆逐艦はルーマニアの港へ
急遽入り、その後、ロシアの国境にアメリカの
艦船は近づかなくなった。
ロシアでの報道によると、Su-24は
「キビニECMシステム」を搭載、艦船が搭載して
いたイージス・システムを麻痺させたという。

 ポーターは2017年4月にシリアのシャイラット
空軍基地を攻撃した駆逐艦2隻のうちの1隻。
ロスとともに59機の巡航ミサイル(トマホーク)を
発射、そのうち23発が目標に到達したが、
5発は地上に落下し、残りは地中海へ落ちた
のではないかとみられている。
この攻撃の口実も「化学兵器の使用」だったが、
根拠のない話だった。
2003年3月にイラクを攻撃した際の
「大量破壊兵器」と同じように嘘だった可能性が
きわめて高い。

 現在、アメリカ海軍が駆逐艦を送り込んだ近く
にはロシア軍の基地がある。
ひとつはタルトゥースの海軍施設であり、
もうひとつはフメイミム空軍基地だ。
今年(2018年)1月、両基地を13機の武装UAV
(無人機)が接近、そのうち7機はロシア軍の
短距離防空システムのパーンツィリ-S1で撃墜され、
残りの6機は電子戦兵器で無力化されたと伝えられ
ている。

 そのUAVは100キロメートルほど離れた場所
から飛び立ち、GPSと気圧計を利用して事前に
プログラムされた攻撃目標までのコースを自力
で飛行、ジャミングされないような仕組みになって
いた。
防空システムを調べるための飛行だった可能性
がある。
その際、フメイミムとタルトゥースの中間地点を
アメリカの哨戒機P-8Aポセイドンが飛行していた。
その翌月にはロシア軍のSu-25が侵略勢力が
ジハード傭兵部隊へ提供されたMANPADS
(携帯型防空システム)で撃墜されている。

 こうした中、ジハード傭兵部隊の支配地域は
急速に収縮、すでに壊滅寸前だ。
新たな手先としてクルドを使い始めたが、
NATO加盟国であるトルコの部隊が軍事侵攻
したことで侵略勢力、つまりアメリカ、イスラエル、
サウジアラビアの三国同盟、イギリスとフランス
のサイクス-ピコ協定コンビの思惑は外れた。

 そうした状況の中、アメリカの​​ドナルド・トランプ
大統領は今年3月29日にアメリカ軍をシリアから
撤退させると演説で口にし、​政府内でも同じ指示
を出していると伝えられているのだが、
すぐに有力メディアだけでなく政権内からも反対
の声が上がった。
石油支配の野望を放棄することはできないという
ことが理由のひとつ。
そうしたひとりが米中央軍のジョセフ・ボーテル
司令官。特殊部隊系の軍人だ。

 アメリカなどが始めたシリア侵略作戦からトルコ
が2016年6月に離脱、それを受けて7月にトルコ
で武装蜂起があった。
トルコ政府はこの蜂起の首謀者は
フェトフッラー・ギュレンだと主張したが、
この人物はアメリカでCIAの保護下にある。
つまりアメリカ支配層の手先。
また、蜂起の背後にはジョセフ・ボーテルや
ジョン・キャンベルISAF司令官がいたとしている。

 この​​ボーテル中央軍司令官は2016年12月、
大統領選挙で勝利したトランプに対してシリアの
反政府軍、つまりアル・カイダ系武装集団や
ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)を支援し
続けるように求めた。
DIA局長を経験しているマイケル・フリン中将や
マーティン・デンプシー前統合参謀本部議長とは
逆の考え方だ。
シリアからアメリカ軍を撤退させるということは
侵略勢力の敗北を意味し、その現地における
責任者であるボーテルの責任が問われること
にもなる。
彼らの選択肢はふたつ。
ロシアを屈服させ、シリアやイランの現体制を
破壊して中東全域の利権を手に入れるか、
ロシアとの全面戦争だ。
同床異夢ではあるが、この点では一致している。

 言うまでもなく、アメリカ側が宣伝する化学兵器
話は戯言。
これは本ブログでも再三再四、指摘してきた。
露骨な嘘だが、これは軍事的な緊張を高める
ための口実で、他人が信じようと信じまいと
関係ない。
事実に基づく議論も大事だが、そうしたことに
アメリカの支配層が興味を持っていないことを
忘れてはならない。

【転載終了】

**********************

 米国は、仏・英と3国でシリア攻撃の計画
のようですが、英国が議会の承認を得られて
いないようです。

 EUはNATOの参加はないのでしょうかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR