FC2ブログ

加計は「首相案件」の衝撃 良識ある官僚の反乱が始まった!?


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■加計は「首相案件」の衝撃 良識ある官僚の反乱が始まった
  2018年4月11日

 プッツン切れても当然だ――。

 「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部
新設をめぐり「首相案件」と記された県側作成
の記録文書が残っていた一件。
愛媛県の中村時広知事は10日、
「当時の担当職員が(面会内容を)会議で口頭
説明するための備忘録として作成した文書」と
認め、「県の職員は文書をいじる必然性は全く
ない」と述べた。
つまり、「備忘録」にウソを書く必要性はなく、
文書の信憑性は極めて高いということだ。
やはり安倍首相は“腹心の友”に便宜を図って
いたわけだ。

 10日の朝日新聞によれば、2015年4月2日、
愛媛県と今治市の課長や加計学園事務局長が
柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と官邸で面会。
柳瀬氏は「本件は『首相案件』となっており、
内閣府藤原次長(地方創生推進室次長=当時)
の公式ヒアリングを受けるという形で進めてくだ
さい」と言ったという。

 10日は東京新聞も、加計がらみのスクープを
飛ばしている。
内閣府の藤原豊次長が同じ15年4月2日、
愛媛県今治市職員に「要請の内容は総理官邸
から聞いている」として、国家戦略特区の利用
を助言したと報じた。

 これらは、16年9~10月に内閣府側が
「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」
などと発言したとされる文科省の記録とピッタリ
符合する。
その1年半前の時点で、すでに「首相案件の加計
ありき」だったことになる。

 朝日も東京新聞も情報ソースは「政府関係者」。
このタイミングで次々と新しい材料が暴露される
のは、安倍政権に“忖度”を続けてきた官僚たち
の反乱ではないのか。

 「『記録がない』と言い続け、決裁文書改ざん
までして安倍政権を守ろうとした前国税庁長官
の佐川さんが、結局は証人喚問にさらされ、
刑事訴追まで現実味を帯びてきている。それで
いて政権側は、官僚が悪いというスタンスを鮮明
にしています。官僚としては、『やってられるか』
という気分です。出世第一に考える幹部は、どう
振る舞えばいいのかオロオロしていますが、
ノンキャリアやキャリアの若手はこのままでは
官僚組織が崩壊してしまうという危機感を抱いて
います。彼らの中から、政権に不都合でも真実
を明らかにしようという動きが出ているのだと
思います」
(元文科省審議官の寺脇研京都造形芸術大教授)

■前川前次官は「佐川氏、柳瀬氏に同情」

 10日の「野党合同ヒアリング」で、「ご自身は
首相案件と聞いたことがあるか」と問われた
内閣府地方創生推進事務局の塩見英之参事官
は「個人の思いは別にして、内閣府としてどう
認識していたかは、私の一存では答えられない」
とシドロモドロ。

 聞いていないなら否定すればいいのに、できない。
かといって「全くない」なんて言い張れば、後々
どんな文書が飛び出すか分からない。
そんな複雑な心情なのだろう。

 10日、国会内のシンポジウムに出席した
前川喜平前文科次官は「佐川さんも、柳瀬さん
にも同情を禁じ得ない。悪い人じゃないのに。
政権のせいで。かわいそうだ」と語った。
官僚たちはもはや安倍首相に忖度しても、
微塵もいいことはないと分かったはずだ。
安倍首相ではなく、良識ある官僚が今後、
すべての膿を出し切ることになるのではないか。

【転載終了】

***********************

 個人的には、「内閣人事局」の創設は
悪いことではないと考えています。

 ただ、安倍首相は使い方を間違えて
しまいました。

 すべからく、ご自分の都合のよい人事を
していたのでこのようなことになってしまった
のだと思います。

 柳瀬氏は当事者でありますから、録音して
いたのであれば、存在については一番分かって
いるでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR