安倍政権打倒運動、全国的に本格化・・・


Business Journal

【転載開始】

■安倍政権打倒運動、全国的に本格化…
 「市民による政権」樹立の動きも

 森友学園態だ。3月27日に行われた
佐川宣寿前国税庁長官の証人尋問で、
ますます疑惑が強まり、政治不信が
高まっている。

 最近の国会を見ると、野党の質問に
安倍晋三首相らはまともに答えず、
これまでのルールを破る独裁的な手法
がまかり通っている。
たとえば、昨年6月に成立した共謀罪。
実際に罪を犯さなくても、「計画した」
「共謀した」などと捜査機関が判断すれば、
誰でも罪に問われ得る危険な法律だ。

 このような重要法案を参議院法務委員会
で採決もせずに、いきなり本会議を開いて
可決した。
また、さかのぼると、特定秘密保護法や
安全保障関連法制の強行採決、盗聴法
(犯罪捜査のための通信傍受に関する法律)
の拡大など、国民・市民を監視するのが趣味
なのかと思わざるを得ないような法律が、
次々に成立・施行されているのは周知の
とおりだ。

 しかも、法律成立へのプロセスが、
手続きを無視し暴力的なのが特徴であり、
国会機能がマヒしていると言わざるを得ない。

 こうなると個別問題を追及するだけでは
対応しきれないため、安倍内閣総辞職を
求める行動が全国各地に広がっている。
そうしたなかで、さまざまな問題に取り組む
団体や個人が一堂に会し、現状の問題点
を洗いざらい明らかにして安倍内閣を打倒し、
ひいては政権交代へのきっかけにしていこう
というイベントが予定されている。

 4月5日午後4時から8時半まで東京・上野
公園野外ステージで行われる
「4.5主権者が政治を変える! さくら祭り」だ。

 モリカケ、原発、沖縄、共謀罪、安保、憲法
「4・5さくら祭り」は、森友問題や加計問題の
追及、佐川氏などを告発する動きのなかから
生まれた。
今回は、対象を森友・加計からさらに幅を
ひろげ、違うテーマで活動する人々が集まる。
賛同しているのは3月22日現在で57団体だ。

 実行委員会サイトでは、イベント趣旨を次の
ように示している。

 「私たちを取り巻く様々な諸問題(沖縄・モリカケ
スパ・安保違憲・共謀罪・脱原発・多文化・憲法
など)は山積しています。
何よりも『安倍一強』を打ち砕くべく、永田町の
立憲野党の皆さまとも協力しながら『政治を変え
る運動』等の活動を続けている様々な団体・
グループ及び個人が一同に集まるイベントを
下記の要領で開催いたします」

 憲法問題では伊藤真弁護士、沖縄で長期間
拘束されていた山城博治氏(沖縄平和運動
センター)、福島からは元双葉町長の井戸川
克隆氏、元陸自レンジャー隊員の井筒高雄氏、
東京新聞の望月衣塑子記者など、多彩な22の
出演者およびグループがリレートークをする
内容だ。

 詳しくは、記事末尾に示すウェブサイトを見て
いただきたいが、サンバの踊り、沖縄舞踊、一度
聴いたら耳から離れない「安倍Noセイダーズ」
などの音楽バンドの演奏もある。

■“安倍政権後”をどうするか

 全国で安倍内閣総辞職を求める動きが
日増しに強くなっている。
最初に森友学園問題で裁判を起こして火をつけ、
主催者に名を連ね当日もスピーチする大阪府
豊中市の木村真市議は、このイベントの意義を
こう語る。
「森友問題だけではなく、加計問題、労働法制の
問題など、何から何までデタラメです。彼らに政権
を担う資格はまったくない。さくら祭り当日は、さま
ざまな問題に取り組んでいる人が話をするが、
みんな“(安倍政権は)もうウンザリだ”と言いたく
なる内容になるでしょう。政権交代は必要ですが、
少なくとも安倍内閣総辞職につながる活動にして
いきたい」

 自民党内でも、安倍首相が退陣した後をめぐって
いろいろな情報が飛び交っている。
しかし、それは一種の“永田町業界”の内輪の話
だろう。
真に自由な社会をつくるための政権交代からは
程遠い動きである。

 安倍政権を追及する動きとしてここ数年、市民が
野党共闘を進めるように政党に働きかけてきた。
しかし、今度の4・5さくら祭りの関係者は、さらに
一歩踏み込もうとしているようだ。

 野党共闘は確かに政府や与党に対する一定の
歯止めになるだろうが、それだけでは本格的な
政権交代は難しいからである。

 実行委員のひとりで愛媛県今治市の加計学園
問題に火をつけた黒川敦彦氏は、次のように語る。

 「さくら祭りに集まった人やグループが中心になり、
“私たちの政権”をつくる運動に進みたい。
政党主導ではなく市民が重要政策を打ち出し、
その政策に賛同する地域の統一候補を市民が
選んでいく。
必要があれば、無所属候補を擁立し野党からの
推薦や支持を得て連携していく。

 このような流れをつくれば、単に安倍内閣総辞職
にとどまらず、民主主義勢力による“私たちの政権”
をつくることも夢ではないと思います」

 政策でまとまった無党派市民が主導していくという
考えだ。
具体的な政策は多くの人から募ってまとめる方針
だが、たとえば消費税即廃止、原発即禁止など、
わかりやすく大胆な政策を、与党が出す前に市民側
と野党が明らかにすることがカギになるだろう。
(文=林克明/ジャーナリスト)

【転載終了】

*************************

 自民党内には、「今なら電撃解散で勝てる」
などという愚かな議員がいるようですが、
一年もしないうちに、自民与党の不祥事で
800億円もかけて解散総選挙したら、
いくら何でも国民は許さないでしょう。

 安倍首相どころか、可なりの自民党議員が
落とされる可能性は高いと思います。

 これでまた自民を勝たせたら、日本国民は
世界の笑いものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR