中枢がヒビ割れを起こした安倍政権はもう長くはもたない・・・


永田町を読むより。

【転載開始】

■中枢がヒビ割れを起こした安倍政権はもう長くはもたない
  2017年9月14日

 「安倍政権はいちばん中枢のところからヒビ
割れを起こしていて、このままでは年内もつの
かどうかだ。来年9月の総裁3選などとんでも
ない」と、自民党のベテラン秘書が言う。

 中枢のヒビ割れとは、両輪となって安倍外交を
支えてきた今井尚哉首相秘書官と谷内正太郎
国家安全保障局長の関係が険悪化していることだ。
すでに谷内は辞表を出したが、安倍が何とか説得
してとどまらせようとしている。
それを見て今度は今井がむくれて、
「安倍政権は来年9月で終わりだ」などと公言し
始めた。

 2人の関係がこじれたきっかけは、ロシア外交で
ある。
昨年12月のプーチン大統領の来日を、北方領土が
どんな形にせよ返ってきた場合にそこを日米安保
条約の適用範囲とするのかといった難問を含めて、
地道に準備してきたのは谷内である。
ところが、今井は“そんなやり方ではまだるっこしい”
とばかり介入し、マスコミを通じて今にも北方領土が
返ってくるかの期待感を盛り上げ、山口県の高級
温泉旅館にプーチンを泊まらせて、安倍と一緒に
風呂に入る場面を撮影させようなどとバカ騒ぎと
いえるような過剰な演出で何とか成果を出そうとした。
しかしプーチンはこんな幼稚な仕掛けには乗らず、
大山鳴動ネズミ一匹の大失敗に終わった。

 しかも今井は、その失敗を糊塗しつつ自分の力を
誇示しようとして、東京に戻ってから、自分が官邸の
一室で谷内や秋葉剛男外務審議官らと対ロ交渉方針
を協議している場面を、かねて親しい関係にあるNHK
の岩田明子記者に“スクープ”させ、特番を組んで流さ
せた。
音声抜きではあったが、今井が滔々と語るのを谷内が
黙って聞いているというその映像は、
「安倍外交を取り仕切っているのは俺だ」とアピール
するためだけのもので、NHK電波の私的利用に当たる。

 2人の関係がさらに決定的になったのは、5月に北京
で開かれた「一帯一路」国際会議に今井が安倍のいわば
名代として出席したことである。
これは、米国と歩調を合わせて習近平肝いりのAIIB
(アジアインフラ投資銀行)への参加に慎重な姿勢を
とってきた安倍政権にとっては、重大な路線転換で、
日中関係のみならず日米関係も含めた戦略的な判断
と周到な調整が必要だったはずだが、今井は谷内を
無視してスタンドプレーに走った。
それで谷内は辞表を叩きつけたのである。
中枢がこんな壊れ方をしたのでは、もはや政権は
長くはもたない。

【転載終了】

**************************

 谷内氏は外務省出身であり、専門分野に土足で
踏み込まれたという思いがあるでしょう。

 今井氏は経産省出身であり、官邸を牛耳り、
他省庁分野まで口出ししていることに、
文科省始め財務省など他省庁からも非難が。

 何れ、安倍首相退陣後には、予算を握る財務省の
報復を受けそうな気もしますが?

 すべて、優秀な側近の進言で、
「あっち、こっち」にフラフラする首相の優柔不断に
起因しているような気がするのですが。

 早いとこ辞任していただきたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR