菅長官&麻生財務相の会見逃れ・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■“公務”理由に質問打ち切り 菅長官&麻生財務相の会見逃れ
  2017年9月13日

 官房長官会見での加計問題をめぐる東京新聞の
女性記者の質問に不適切な点があったとして、
東京新聞に異例の抗議文を送ったばかりの官邸。
今度は記者クラブに“頼んで”質問をバッサリ打ち
切り始めた。

 12日午前の会見からこれまでと様子が変わった
という。
14分ぐらい経った頃、官邸の広報官が「今、手を
挙げている方、1問でお願いします」と発言。
挙手していた東京新聞記者の質問に、菅長官が
「仮定の問題なので控えます」と素っ気なく答えた
直後、別の記者がさらに質問をしようとすると、
幹事社が「よろしいでしょうか」と遮る。
するとほぼ同時に広報官が「ハイ。ありがとう
ございました」と言って会見を打ち切ったのだった。

 官邸は先月、記者クラブに「公務がある時は会見を
短くしてほしい」と要請。
クラブ側が「事情は理解するが、会見の主催はクラブ
なので時間制限は受け入れられない」と一応は
突っぱねたという。
しかし、12日のやりとりを見る限り、事実上、
時間制限を受け入れたも同然。
官邸とクラブの「あうん」の呼吸の下、菅長官は
公務を理由に、一部記者のしつこい質問から
逃れる算段のようだ。

 「東京新聞記者に触発されて、最近は他の記者も
簡単に引き下がらなくなり、菅長官は困っていた。
今月末の臨時国会を前に手を打ったのでしょう」
(官邸関係者)

■政治家に“忖度”する記者クラブ

 麻生財務相の会見逃れもヒドイ。
森友疑惑の中心である財務省のトップでありながら、
記者が麻生大臣に徹底追及する場面は見ない。
記者の遠慮もあるだろうが、麻生大臣はちゃんと
会見せず、ぶら下がり取材でお茶を濁しているのだ。

 8月以降、閣議後の財務相会見9回のうち、
ナント7回はぶら下がり。
麻生大臣は2問ほどの質問にサクッと答えると、
はやてのように去っていく。これでは、やりとりに
ならない。
ぶら下がりが多い理由を財務省に聞くと、
「大臣の日程等を踏まえて決めています」(広報室)と、
麻生大臣の“多忙ぶり”を強調する。

 安倍首相の言う“丁寧な説明”からほど遠い対応の
菅長官と麻生大臣。
忖度する記者クラブも同罪か。

【転載終了】

**************************

 トップがね~!コメントのしようがないですな!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR