米から高額兵器爆買い・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■米から高額兵器爆買い 安倍政権で“防衛費リボ払い”急拡大
  2017年9月7日

 北朝鮮が暴走し、国民の不安が高まっている今、
4年連続で過去最大という防衛費への国民の
理解が得やすい状況にある。
“歯止め”とされるGDP1%枠突破の議論も起こり、
安倍政権はシメシメなのだろうが、この程度で
だまされてはいけない。
安倍首相が、米国の言い値で高額兵器を次々と
購入できるのは、こっそり“リボ払い”(後年度負担)
を急拡大させているからだ。

 後年度負担とは、単年度で支払いきれない高額
兵器を購入する際、次年度以降に分割して支払う
仕組みだ。
平たく言えば、当面は楽になるが、後々の支払いに
苦労するリボ払いに他ならない。

 安倍政権になってリボ払いはフル回転。
防衛費の後年度負担は、民主党政権時代には
3兆円前後で横ばいだったが、安倍政権に
なってからは右肩上がり。
14年度に3兆6000億円を計上すると、15年度
には4兆円を突破。
来年度の概算要求ではついに5兆円を超えた。

 2019年度以降に支払う後年度負担はナント
5兆2250億円。
来年度予算(概算要求)の5兆2551億円とは、
別に、である。
今や単年度の防衛予算と同程度のツケがたまって
いるわけだ。
足せば10兆円を大きく超える。GDPの2%になる。

■10年先の将来世代にまでツケ

 しかも、防衛省は巨額なツケを国民に隠そうとする
から許し難い。
同省ホームページにある「我が国の防衛と予算
平成30年度概算要求の概要」には、“新たなツケ”
(2兆4552億円)は明記されているが、
過去に発生した“たまっているツケ”(2兆7698億円)
は記載がない。

 これでは、現時点で背負っているリボ払いの総額が
わからない。
防衛省は「平成30年度の概要ですから、30年度の
支払いと契約を記載しています。29年度以前の数字
は含んでいません」(報道室)と苦しい回答だった。

 これから安倍政権は、北の危機に便乗し、
ますますリボ払いを乱用するつもりのようだ。
15年には兵器購入に限り、分割払いを5年から
10年に延ばせるよう法改正している。
10年でならせば、高額兵器も目立たなくなる。

 この問題を追及する宮本徹衆院議員(共産)はこう言う。

 「払いきれない高額兵器を爆買いして、10年先の
将来世代にまで負担を押し付けるものです。厚かま
しすぎます。将来、軍縮を目指す政権ができても、
兵器のツケに縛られてしまうことにもなる。防衛省が
ツケの一部を記さないのは、大っぴらにしたくない
表れです。単年度だけでなく、ツケも含めて全体の
金額を見ないとごまかされてしまいます」

 国のトップが“リボ中毒”とは、世も末だ。

【転載終了】

***************************

 これで、ほぼ安倍氏の役割は終わったかもしれませんね。

 「アメリカは、旧式な高額兵器の在庫処分ができた」、
という話も聞こえてきますから。

 因みに、リボはこんな感じのようです。

152fcdcb314179f5bece53a66626819520170906130927686.jpg 

 また、韓国の報道によると、北朝鮮はICBМとみられる
ミサイルを北朝鮮の西海岸に向けて夜陰に乗じて移動。
行き先は東倉里ミサイル発射場と思われます。

 ここからグアムに向けて発射すると日本の九州上空を
通過するそうです。

 まさかやらないだろうと思われているが、
核実験のレッドラインでもトランプは何もできなかったので、
撃つ可能性は少なくないかも。

 発射日するとすれば、建国記念日の9月9日が濃厚。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR