ミサイル発射の計画は二つの国連機関に 通知されていた?


あるFacebookの記事です。

【転載開始】

メキシコの友より重大貴重情報です。
==
 ミサイル発射の計画は二つの国連機関に
通知されていました。二つの機関は、それを
各国政府に通知しています。

 30日発:メキシコ市の国連事務所に連絡した
ところ(元の小生の学生がいる)北朝鮮は
ミサイル発射について15日前に連絡を行なって
いるとのこと。国連施設の国際海洋委員会
(日本語での名称は不明なので直訳)と
国連航空委員会の二機関に規約どおりの
連絡義務を果たしているとのことです。
また国内の核実験については当面連絡上の
国際規約がないようです。

 31日発: 皆様、何とか自力で北朝鮮がミサイル
試射の際に「常に」連絡を怠っていない二つの機関
の名前がはっきりしました。
小生の知り合いが始め「Commitee」といっていたのは
間違いでした。
海域については: the International Maritime 
Organization で、通称IMOです。
空域については the International Civil Aviation
 Organization で、通称ICAOです。 

 北朝鮮はこの二つの機関のメンバーであり、
実験行動の詳細を前もって連絡しなければなりません。
二つの機関は連絡の詳細を確認したうえで各国政府に
その実験内容の詳細を伝え、事故が起こることを未然に
防ぐように要望します。
まだ、申請書式やこれらの機関の日常活動など
幾分詳細を月曜日(メキシコ時間)に得る予定です。
また一介の職員ですので、問題なく資料が僕の手に
入るかどうかも実験のうちです。

【転載終了】

*************************

 情報としては、一個人のものですので、
信憑性は不明ですが、機関の存在が事実なら、
日本政府も知っていたのでしょうかね?

 事実なら首相がミサイル発射の前日に公邸にいることも
納得できます。

 しかし、不測の事態もあり得ますので、
国民に対し告知しないのは容認できませんよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR