日本は 迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を 2023年までに完了の意向。


Sputnik日本

【転載開始】

■米国が最新鋭のレーダーの対日輸出を先延ばし
 したことから、日本政府内には米国の迎撃ミサイル
 システムが脆弱になり、朝鮮民主主義人民共和国
 からの脅威に十分に対抗しきなくなるとの懸念が
 広がっている。
 ロイター通信の報道をリアノーボスチ通信が引用
 して報じた。

 ロイター通信の報道によれば、日本は
迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を
2023年までに完了させる意向。

 状況に詳しい消息筋がロイター通信に語ったところ
によれば、日本はイージス・アショアのレーダーに
最新鋭の「スパイ6」の搭載を希望しているが、
このままだと「スパイ6」の搭載は間に合いそうもない。
そうした場合、現在あるレーダーを使わざるを得ないが、
これは新世代のMDに比べて探査できる範囲が狭い。
つまりミサイルを迎撃する能力は十分にあっても
レーダーが遠距離の脅威を見つけることができない。

 消息筋は日本が最新鋭レーダーを受け取れる保証は
一切ないと語っている。
別の消息筋によれば、米海軍は最新鋭レーダーの
対日輸出案を支持しているものの、米ミサイル防衛局が
異議を唱える可能性がある。
米ミサイル防衛局は最新鋭の軍事技術を自国軍に
配備される前に日本に渡すことを危惧している。
消息筋によれば、「スパイ6」が米軍艦に配備されるのは
2022年以降になるものと見られている。
現在、日本のミサイル防衛システムは、大気圏外迎撃
ミサイルSM-3を搭載したイージス艦と、大気圏内で
迎撃するパトリオットミサイル3(PAC3)からなっている。
一方、北朝鮮のミサイル技術が高まっていることから、
日本は地上配備型の「イージス・アショア」と、最新の
米MDシステム「THAAD」の導入案を検討している。

【転載終了】

**************************

 イージス艦と+PAC3でどれだけの迎撃精度
なのだろうか?

 ネット住人の認識では、精度の不安定なPAC3
では失敗の可能性があり、日本国民に知られるのを
恐れて迎撃はできないのでは?という疑いを持って
いると思います。

 「イージス・アショア」が追加されてどれだけ制度が
上がるのかでしょうかね。

 先般、米イージス艦による二度の追突事故は
サイバー攻撃ではないかとの観測もあり、
サイバー攻撃やジャミング妨害でどれほどの
精度が保たれるのか疑問もありそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR