北ミサイル列島横断・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■北ミサイル列島横断 安倍首相「強い圧力で彼らを変える」
  2017年8月29日

 北朝鮮は29日午前5時58分ごろ、平壌近郊の
順安地区から弾道ミサイル1発を発射した。
北海道の渡島半島や襟裳岬の上空を約2分間
通過し、発射から14分後、3つに分離。
いずれも襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上
に落下したとみられる。
全国瞬時警報システム(Jアラート)は作動したが、
自衛隊法に基づく迎撃措置は取らなかった。

 北朝鮮のミサイルが日本列島を通過したのは
5回目で、2016年2月に人工衛星打ち上げと
称して長距離弾道ミサイル「テポドン2号」改良型
を発射して以来。
発射方向の事前通告なく、日本上空を通過する
発射は極めて異例だ。

 ミサイルは中距離弾道ミサイルとみられ、
飛行距離は約2700キロ、最大高度は襟裳岬
上空の550キロと推定される。
通常の角度で発射したもようで、米領グアム沖に
撃ち込むと予告した新型中距離弾道ミサイル
「火星12号」の可能性もある。

 公邸に泊まっていた安倍首相は午前6時25分
過ぎに官邸ですぐさま会見して以降、午前中は
計3回、記者団の前に登場した。
午前9時半ごろから約40分間、トランプ米大統領
と電話会談した後は、ミサイルの日本上空通過を
「暴挙」と非難したうえで、「これまでにない重大で
深刻な脅威であり、北朝鮮に対して圧力をさらに
強化していくことで日米は完全に一致した。
トランプ大統領からは『同盟国である日本と100%
ともにある』といった力強い言及があった」と強調。
「北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えな
くてはならない」と息巻いてみせた。

 日米韓3カ国は国連安全保障理事会の緊急会合
を要請。
日本時間30日朝の開催の方向で調整に入った。

 米韓両軍が31日まで合同指揮所演習を実施する
最中、26日の短距離ミサイル発射に続く、北朝鮮の
武力挑発。
トランプ米政権への直接の挑発を避ける一方、
ミサイルの脅威を強く誇示する狙いがあるとみられる。
北朝鮮の国営メディアは29日正午までに、今回の
弾道ミサイル発射を報じていない。

【転載終了】

*************************

 不可解なのは日本の対応です。

 Jアラートが作動しているのに、迎撃しなかったことです。

 当初、ICBMなので迎撃できない高度かなと
思いましたが、通常の角度(高度)なので迎撃は
可能でした。

 やはり、イージスシステムやPAC3の精度に問題が
あるというのは事実なのか?
それとも、北を刺激したくなかったのか?

 河野外相が「米国の対応に北朝鮮がひるんだという
ことはあるのだろう」と外務省で記者団に語った。

 日本の外相が北朝鮮を「ひるんだ」と挑発し、
「北の独裁者をいたずらに刺激してどうする」と
「バカ丸出しの軽率な発言だ」と批判されています。

 明らかに、日本が領空を通過したということは、
日本が標的なのにです。

 安倍首相の「強い圧力かけ・・・」という発言も、
むなしいものですね。

 強い圧力をかけられたのは日本です。

 以前、北朝鮮の朝鮮平和擁護全国民族委員会
報道官が6月に出した声明で、
「有事の際には米国よりも先に日本の領土が
焦土化され得ることを知るべきだ」と警告していた
様ですので、実行したということでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR