自民党内、また「反安倍の会」・・・


田中龍作ジャーナル

【転載開始】

■自民党内、また「反安倍の会」
  平沢、後藤田議員らが呼びかけ 2017年8月25日

 自民党内の倒閣運動は、燎原の火のごとく
広がりつつある。
安倍政権の惨状に危機感を抱く自民党議員
40人(代理の秘書含む)が、反アベ勉強会を
きょう発足させた。名称(仮称)は
「日本の明日を創る会」。

 呼びかけ人には、家庭教師として幼少期からの
アベシンゾーをよく知る平沢勝栄氏や月刊誌などで
首相を公然と批判する後藤田正純氏が名を連ねる。

 すでに国会議員60人超で発足した
「村上・野田勉強会」とはメンバーも趣も違う。
同勉強会は安倍政権の経済政策を検証する集まりだ。

 今日発足した「創る会」は安倍政治を批判し、
自民党をどう立て直すかに重点が置かれる。

 単純に言えば、水面上で「反アベ」の声をあげる
自民党議員は100人を超えたということだ。
(党内3分の2は面従腹背で「反アベ」と言われる)

 講師として呼ばれた政治評論家の森田実氏は
次のように語った ―
 
 「深刻だと思うのが内閣を支持できない理由の
第1位が「総理が信頼できないから」で66%を占める。
これは経験がない。解散総選挙の道しかない。来年
12月まで待ったら、深刻な事態を自民党にもたらす」。

 後藤田議員は舌鋒も鋭くまくしたてた―

 「安倍一強って3権分立ではないじゃない? と子供に
問われても説明できない」

 「(アベノミクスは)いつまで道半ばなのか?」

 「あれだけ騒がした人間がまた役員に就いたりしている。
何やってんだ?」

 「『こんな人たち』と言った時、どうして『総理、それは
おかしいじゃないですか?』と言わなかったのか」―
後藤田議員の安倍批判はいずれも まっとう だった。

 森田氏は「(官邸からの)報復を恐れず・・・加計を
白紙に戻すべき、と言える議員が自民党に一人位
いてほしい」と苦言を呈した。
「安倍さんの失敗を安倍さんで取り戻すのは不可能。
総選挙を打って(負けても)過半数を取れればいい」
とも指摘した。

 森田氏が解散を勧めるのに対して、発起人の一人で
ある竹本直一議員は「今の体力では(選挙結果は)
恐ろしいことになる」との認識を示した。

 解散のカギを握るのは加計疑惑だ。
獣医学部を認可すれば、安倍政権は世論の袋叩きに
遭うだろう。
かといって認可しなければ、「腹心の友」が経営する
加計学園は倒産する。

 大学設置審の答申予定である10月に
「やぶれかぶれ解散」。
それが日増しに現実味を帯びてきた。

【転載終了】

************************

 ここまで党内からあからさまな反安倍が
出てきたということは、某国の切り捨てがハッキリ
してきたからなのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR