首相補佐官が首相に苦言=「公私混同という甘さ」・・・


時事ドットコム 7/29(土)配信 

【転載開始】

■衛藤補佐官が安倍首相に苦言=「公私混同という甘さ」

 衛藤晟一首相補佐官は29日、長崎県佐世保市で講演し、
安倍内閣の支持率低下について、安倍晋三首相と
昭恵夫人を挙げて、「公私混同という甘さが今の状況を招いた」
と苦言を呈した。

 衛藤氏は首相側近。公の場でこうした発言に及ぶのは
危機感の表れと言えそうだ。

 衛藤氏は学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題に触れ、
「首相も奥さんも権力的にわが国のトップ。個人の関係を
出してはいけなかった。個人を大事にすればするほど、
公私混同や忖度(そんたく)があるのではないか(と見られる)」
と指摘した。

【転載終了】

***************************

 首相の側近から批判が出るのは異例といえるでしょう。

 この側近や国会議員秘書歴20年の政策秘書と
いう方からも、「忖度」はあったと指摘されています。

 安倍首相は、官邸をはじめ、諮問会議やNHK経営委員、
日銀政策決定会議、そして閣僚をすべて自分側の人間を配置。

 結局、偏った国政運営が現在の状況を生んでいます。

 そして、20年の経歴を持つベテラン秘書が言うように、
「一度下がった支持率は回復しない」ということです。

 国民は安倍首相に不信感を持ってしまいました。
今回は、引き際をきれいにしたほうが良いでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR