仙台でも安倍自民惨敗・・・


日刊ゲンダイ

【転載開始】

■仙台でも安倍自民惨敗…横浜、茨城へ続く野党共闘の底力
  2017年7月24日

 歴史的大敗を喫した都議選に続き、
安倍自民が仙台市長選でも惨敗だ。

 野党が候補を一本化した与野党のガチンコ対決。
民進党など野党が支援した元復興政務官の
郡和子氏(60)が、自公が支持した葬祭業者の
菅原裕典氏(57)を制した。
郡氏の元には野党の国会議員が連日応援に入り、
加計学園疑惑などを訴えて政権批判を繰り返したのが
奏功した。逆に、菅原陣営は国政が直撃。

 「アベ嫌いの広がりで政党色を隠さざるを得ず、党幹部
の応援はほぼナシ。当初は、村井嘉浩知事が熱心に
マイクを握っていたのですが、県政の私物化だと批判を
招いて混乱。稲田防衛相の日報隠蔽疑惑が追い打ちを
かけました」(地元メディア関係者)

 これで改めて分かったのが、野党共闘の底力だ。
政治ジャーナリストの角谷浩一氏は言う。

 「仙台市は昨年の参院選で野党共闘が最も成功した
地域で、東北の野党候補一本化の足掛かりにもなった。
都議選に続き、仙台市長選のこの結果は〈アベNO〉の
声の高まりと言えます。毎日新聞の世論調査(22、23日
実施)でも内閣支持率は26%まで下がり、加計疑惑を
めぐる政府説明への不信が76%、憲法改正も急ぐ必要
なしが66%に達した。総裁3選も62%が否定しています。
一方で自民支持率は横ばい。つまり、有権者の不信の目
は安倍首相に向けられている。8月3日の内閣改造では
骨格維持の見通しですから、続く与野党対決の地方選で
もこの流れは変わらないでしょう」

 菅官房長官のお膝元の横浜市長選(30日投開票)では
カジノ誘致と中学校の給食実施を争点に、3選を狙う
林文子市長と、野党系の伊藤大貴元市議が激突。
茨城知事選(8月27日投開票)では7選を目指す野党系
現職に自民推薦の元経産省職員が挑む。
そして、改造後初の国政選挙となる衆院愛媛3区補選
(10月22日投開票)へと続く。
自民は死去した白石徹氏の次男を擁立。
野党は候補者調整を進めている。

■民進は路線解消の錯誤

 支持率はつるべ落とし、黒星ズラリでは心身ともにひ弱な
安倍首相は持たない。
ところが、風を読めないのは民進だ。
一部の共産嫌いが引っかき回し野田幹事長の交代など
執行部刷新を機に共闘解消に動こうとしている。

 「共闘路線を続ければ保守票が離れ、取れていた小選挙区も
落としかねない。統一候補なんて論外です」(民進関係者)
という理屈だが、千載一遇のチャンスをみすみす逃したら、
同じ波は二度と来ない。

【転載開始】

***************************

 鹿児島県曽於市(そおし)で行なわれた市長選挙でも
自公が推す候補が敗れています。

 今後、横浜市長選などに敗れたら解散総選挙も
自民党内部から批判が上がりできなくなるかも?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR