“こんな人たち”の復讐劇 反安倍クーデターのノロシ上がる!


日刊ゲンダイ 2017年7月21日(文字起こし)

【転載開始】

“こんな人たち”の復讐劇 反安倍クーデターのノロシ上がる

■絶対王政の支配層と下僕

 周囲を身内で固め、政府と国民との関係を、
民主主義のなかった中世貴族社会の絶対王政のような
支配層と下僕の関係に貶めた。
それは、立憲主義を否定し、黒を白と言い張り、
独裁国家さながらだ。
しかし、そんな恐怖支配が4年半も続けば、
抑圧された人々の我慢も限界である。

 稲田と山本の両大臣を窮地に追い込むリーク情報は、
責任と処分を押し付けられる現場の陸上自衛隊の反乱
であり、お友達に利益を付け替えるご都合主義を
「規制改革」だとアピールすることで、守旧派のレッテルを
貼られた獣医師会の反発が根っこにある。
文科省から内部文書が次々流出したのだってそうだ。
つまり、虐げられてきた「こんな人たち」の復讐劇が
始まったのである。

 上智大教授の中野晃一氏(政治学)はこう言う。

 「民主党政権は『官僚を使いこなせなかった』と言われま
した。それを受け、『決められる政治』を行うとして登場した
安倍政権は、『官僚をうまく使いこなしている』と言われて
きた。しかし、一連の失態で、それがいかに空疎なもの
だったのかが明らかになりました。安倍政権は官僚を
使いこなしていたのではなく“私物化”していたのです。
防衛省の問題は深刻です。もともと上意下達の保守的な
組織なのに、大臣があまりにヒドすぎて、現場が反乱を
起こしているのが現状。文民統制が利いていないわけで、
マズい状況です。それぐらい安倍政権は横暴が過ぎ、
ボロが出てきてしまったということなのでしょうけれど」

≪あらゆる階層が「もう黙ってはいられない」と決起≫

 こうなると、安倍1強が続くとみて、迎合してきた連中の
「わが世の春」は続かない。
反安倍クーデターののろしが上がれば、政権もろとも
ジ・エンド。しっぺ返しはもう始まっている。

 政治家としての素養を磨くわけでもなく、首相出身派閥
という“温室”で遊んでいたチルドレンたち。
「このハゲーー!」の豊田真由子衆院議員は、
元秘書に告発され、傷害容疑で摘発の瀬戸際。
いまだ表に出てこられない。
重婚スキャンダルの中川俊直衆院議員は、2万円の
政治資金パーティーという非常識な「おわびの会」が
中止に追い込まれた。
これらに続きかねないクズ議員が自民党にはワンサカいる。

 「公平公正」を装いながら安倍に忖度してきたメディアも
その実態が白日の下にさらされつつある。

 安倍と懇意の解説委員が政権スポークスマンを担うNHK。
真っ先にスッパ抜いたはずの文科省文書で政権に都合の
悪い部分を黒塗りしていたことがバレ、一番最初に行った
はずの前川前文科次官のインタビューがいまだ放送されて
いないことを、前川氏本人に暴露された。

 その前川氏を、出会い系通いのいかがわしい官僚に
貶めようとした読売新聞は、記事に対して読者からの
抗議が殺到したという。

■労働者の声を聞け!

 裏切りの本性があらわになったのは連合だ。
政策実現のため、労働者のため、と詭弁を弄し、その実、
やっぱり、支配階級側に付きたい労働貴族だったじゃないか。
第2次安倍政権発足直後の2013年に官邸主導の
「政労使会議」のテーブルに着いた時からその傾向が透けて
見えたが、さすがに反対から百八十度転換した
「残業代ゼロ法案」での合意には、ア然ボー然である。

 そんな連合に対し、労働者が牙をむいた。
19日、連合本部前にデモ隊100人が結集。
「残業を勝手に売るな」とシュプレヒコールを上げた。
報じた朝日新聞によれば、参加者のひとりが「労働者に囲まれ、
デモまでされる労働組合とは一体何なのか」と怒っていたと
いうが、その通りだ。

 結局、傘下の労働組合からも批判が噴出し、神津里季生会長の
退任と、政権との談合を進めた張本人である逢見直人事務局長
への禅譲計画は引っ込めざるを得なくなった。

 「連合は民進党の支持母体ですが、自民党政権が長期化する
中で冷や飯が続き、政権との距離感の取り方が難しくなっていた。
そんな中で、旧同盟系の右派と旧総評系の左派の対立があり、
右派は共産党とも組む野党共闘に反対してきた。
そこに楔を打ち込もうとしたのが安倍官邸です。
逢見事務局長が菅官房長官に一本釣りされ、『残業代ゼロ法案』
で暴走した。
連合会館の前で抗議デモを受けたのには驚きましたが、
『労働者の声を聞け』と批判されるのは当然です」
(中野晃一氏=前出)

■この国を悪くしたのは誰だ

 経済産業省も反安倍クーデターにやられる口だ。
安倍政権は別名「経産省内閣」と呼ばれてきた。
経産省出身の今井尚哉政務秘書官が菅とともに官邸を
牛耳ってきたからである。
原発死守で東電や東芝救済も経産省の意向。
霞が関人事にも口出しして好き勝手やってきた。

 本来、政府から独立しているはずの日銀も青ざめている
はずだ。
安倍政権と一体になって、破綻したアベノミクスを「道半ば」
と言い続けてきたが、きのう、「物価上昇率2%」の達成時期
をまた先送りした。実に延期は6度目だ。

 立正大名誉教授の金子勝氏はこう言う。

「実態はそうではなくても、安倍首相が『うまくいっている』と
言うので多くは批判せず、目をつぶってきた。しかし、もはや
上っ面さえも取り繕うことができないぐらいにさまざまな問題が
噴出してしまった。こうなると、安倍1強が続くと思って、セルフ
コントロールしていた人たちが動きだす。文科省や防衛省に
代表されるように政府内部からの反乱が起き、支持率が30%
を割るまでに続落してくれば、黙っていた人たちも、『私も言わ
なくちゃ』という気になる。あらゆる階層で『反安倍』が大きな
流れになってきました」

 安倍とお仲間連中が、特権意識よろしく、私利私欲、
個利個略に走ってこの国を悪くした。
お人よしな国民も、さすがにそのおかしさに気づいた。
いよいよ大逆襲が始まったのである。

【転載終了】

****************************

 しかし、労働組合が労働者にデモで抗議されるなど
前代未聞ですよね。

 黒田日銀総裁も然り、2年で2%の公約が5年たっても
達成できず、いまだに先送りして居座っています。
6回目の先送り。
(達成するまで10年でもやるつもりでしょうかね?)

 世界が金融引き締めに動いているのに、
日本だけがまだ続けています。
世界は“来る金融クラッシュ”に備えているといわれていますが、
日銀は、国債と株をかなり抱えています。
大丈夫なのか?

 まあ、安倍内閣のお友達の無能さはすでに明らかですが。

 「ベンチが阿呆やから、やってられへん」、
という気持ちがよくわかります。

 結局、ツケを払うのは国民ですよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR