栄枯盛衰・因果応報は世の常・・・


ジャーナリスト同盟Web機関紙

【転載開始】

<栄枯盛衰・因果応報は世の常>

 G20でも、成果ゼロの首相に元気がない。
体調も悪い。「日本会議の参謀連も打つ手はない。
残るは、官房機密費で養ってきた子飼いのような
マスコミ関係者との飲み会である」と正義派の友人が
早朝に電話してきた。
確かに、これが7月13日の安倍日程である。
これぞ「塀の上を歩く面々」であろうが、惡の華が永遠に
続くわけがない。栄枯盛衰・因果応報は世の常、
これは人類史の法則である。

<常習者に心の痛みはない>

 その昔、地方自治体の役人から
「よく厳しい記事を書けますね」と皮肉られたことがある。
不正は世の常、適当に扱えばいいのではないか。
官と仲良くして、恩恵を受けてはどうか、という誘惑である。

 いまこう答えたい。
「善は悪を憎む、これ人間の性なり」と。
ジャーナリストの真髄であろう。右顧左眄しない。
民衆と共に歩む、といえば、聞こえはいいが、
正しくは民衆に真実を伝える仕事がジャーナリストなのだ。

 官房機密費にまとわりつく悪しき言論人は、
ジャーナリスト失格ということになる。
譬えると、やくざが覚せい剤を使って、女性をレイプ、
性奴隷にすることにためらいがなくなり、それを繰り返す。
一見して真っ当な男たちも、強姦魔になり、それを繰り返す。

 つまり繰り返すと、慣れると、罪の意識はほとんどなくなる。
発覚すれば「合意の下で」と開き直る。
常習者の常だ。同じく「塀の上を歩く面々」も、
売国奴であることに抵抗を感じなくなる。
いまの官邸の住人の多くが、悲しいことにこの手合いであろう。

【転載終了】

**************************

 「塀の上を歩く面々」・・・
どれだけの国民が意味を理解できるのだろうか?

 マスコミ対策(広告費以外)に使われている予算は、
官房機密費です、官房機密費は海外情報収集に
使われるものであり、国内に使われるのは違反です。

 要するに、「塀の外に落ちるか、内に落ちるか」です。
もっと砕いていえば、「逮捕されるか、逃げ切れるか」です。

 官房機密費は官房長官が管理していますので、
史上初めて官房長官が逮捕されるか?
ということですが、歴代の内閣もやっていたことなので、
今後もやるためには、逮捕はないでしょうね。

 国とはそういうものです、国民(B層)が知らないだけです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR