加計理事長への公開質問状・・・


田中龍作ジャーナル

【転載開始】

■加計理事長への公開質問状
  「水増し請求は政治家へのキックバック」

 今治市の市民団体
「今治加計獣医学部問題を考える会」が7日、
加計学園の加計晃太郎(孝太郎)理事長に
宛てて公開質問状 を出した。

 獣医学部設置に関して安倍首相らによる
不適切な働き掛けがあったのではないか。
疑惑について今治市民や国民への十分な
説明が行われていない。

 にもかかわらず獣医学部の建設工事だけが
 なし崩し的 に進んでいる現状に強い不安を覚える・・・
「考える会」が公開質問状を出した理由だ。

 質問は13項目からなる。
「考える会」の黒川敦彦さんによると疑念の中心は
加計学園による水増し請求だ。

 延べ面積が当初の計画より10%も減っているのに、
建築予算は当初の192億円のままだ。

 一坪当たりの建築単価も約150万円と相場より
はるかに高い。
通常の鉄骨造の倍近い、とされる。
加計学園同様、市民の税金を投入して建設された
成田市の国際医療福祉大学でさえ108万円だ。

 「水増し分は政治家へのキックバックに充てられたのでは
ないだろうか?」考える会の黒川さんは強い疑念を抱く。

 競争入札が行われなかったのではないか、との疑いもある。
今治市の大学立地事業補助金交付要綱第8条には、
原則として競争入札によらなければならない、とされている。

 田中の知人が今治市役所に問い合わせたところ、
業者(加計学園)がやったことなので市は関知していない、
との答えだった。

 競争入札でなければ、補助金交付の対象にならないにも
かかわらず、補助金が出ることになったのである。不思議だ。

 競争入札をしていたら、建設工事は常連の大本組と
アイサワ工業に発注されていただろうか?

 特区とは あぶく銭を つかむシステムだったのだろうか。
原資は住民の血税なのだが。

 公開質問状の回答期限は13日の夕方6時。
疑惑の発覚以降、姿をくらましている加計理事長が果たして、
今治市民の質問に答えるだろうか。

【転載終了】

***************************

 加計氏はどう回答するのか?

 縁者や親族企業が絡むドロドロの利権構図です。

 文中のアイサワ工業は逢沢一郎衆院議員(自民党)の
親族が経営する会社です。

 創業者は、逢沢氏の祖父である逢沢寛氏であり、
逢沢一郎氏は父親の逢沢英雄氏から受け継いだ、
三代目の世襲議員です。

 政治の劣化は世襲です。

 日本は、憲法改正するなら、
世襲を禁止したほうがいいですね。

 政治家の三代目はいけません・・・北朝鮮みたいに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR