「限界国家」日本のXデー・・・


DIAMOND online

【転載開始】

■年間20万人が孤独死!「限界国家」日本のXデー

 国立社会保障人口問題研究所が2017年5月に
発表した最新データによれば、2008年から
始まった人口減少は2020年代には620万人、
30年代には820万人、40年代には900万人と
加速する。
北海道の人口をはるかに越える人口減少が
10年ごとに起こると日本はどうなるのだろうか?

「単に経済の問題ではなく、日本は急速に縮小し
社会のあらゆる仕組みが機能不全に陥るだろう」

 そう警鐘を鳴らすのは、『限界国家 人口減少で
日本が迫られる最終選択』(朝日新書)の著者である、
毛受敏浩(めんじゅ・としひろ)氏だ。
人口減少が及ぼす社会への影響、さらには高齢化が
進むにつれ深刻さを増していく介護問題について、
問題点の整理と解決策を毛受氏が寄稿してくれた。

 著者がよく知る広島県安芸高田市。
どこにでもある中山間地域の人口3万人の町である。
図を見てほしい。

img_44e399f15023091b87b0bbc0fc30d5b533422.jpg 


 2035年には安芸高田市の人口は最も多い世代が
80歳以上となる。
これで社会は維持できるのだろうか?

 安芸高田市は特異な例ではない。
むしろ、日本のほとんどの地方都市は同様の
人口構成になるだろう。

 すでに日本の縮小は始まっている。
文科省の調査では2002年度から2013年度に公立の
小中高校の廃校の数は全国で5801校にも上る。
毎年500校以上の学校が日本から消失しているのだ。
一方、80歳以上の人口は2015年についに1000万人の
大台を突破。
2030年には1571万人にまで増加すると予測されている。

 生産年齢人口(15~64歳)の減少は、総人口の減少の
10年以上前から始まっている。
通勤や通学で交通機関を利用するこの世代の減少は
交通網の縮小となってすでに大きな影響が出ている。

 2000年から2013年までに鉄道網は35路線、674キロが廃止。
バス路線にいたっては2006年度から2011年度の間に
1万1160キロ、なんと年平均2000キロ以上が廃止となっている。
岩手県盛岡から福岡県の門司まで東北本線、東海道本線、
山陽本線を乗り継いだとしても1700キロにすぎない。
バス路線の廃止のすさまじさが実感できるのではないか。

 人口ほど政策によるコントロールが難しいものはない。
なぜなら出生率は単なる経済や労働の問題ではなく、
人々の価値観、家族関係、教育など極めて複雑な
要素が絡み合うからである。
そもそも、日本は20代、30代の女性の数は右肩下がりで
減少しており、仮に出生率が上がっても、子どもの数は
増えることはない。
日本より国民所得が高く労働時間が短いドイツは、
ワークライフバランスがよいことで知られるが、
そのドイツでも日本と同程度の出生率でしかない。
出生率の高いアメリカやフランスはいずれも移民国である。
すでに日本はチェックメイト(八方ふさがり)なのである。

 このままいけば、あらゆる業種で人が決定的に足りなくなる。
すでに農業従業者の平均年齢は67歳だ。
農業などの第1次産業はいうに及ばず、前述の鉄道・バスや
電気・水道などのインフラから、サービス業、そして国の基幹を
なす製造業まで、日本は持続可能性が危ぶまれる
巨大な限界集落=「限界国家」と化す。

 なかでも深刻なのは、やせ細る生産力人口に反比例して、
需要ばかりが右肩上がりで上り続ける「介護」の分野だろう。
中央大学の山田昌弘教授は、2040年には年間20万人の
孤独死が発生する可能性があると警告する。
年間20万人とは週にすれば約4千人、これは年間の
交通事故死者数に匹敵する。
いかにすさまじい状況が待ち受けているのかが
理解できるだろう。
この国が「姨捨列島」と化す、と表現しても過言ではない。

 では本当に解決策はないのだろうか? 著者が提案するのは、
選択的に外国人の定住化を図るということである。
製造業、サービス業や農林水産業の現場で働くアジアの若者を
受け入れ、優秀な人材には定住の可能性を認めるという
ものである。

「選択的」にとは、従来の高度人材の受け入れに加えて、
対日関係のよい東南アジアから日本語が一定レベルでき、
高校卒や職業訓練を受けた青年を受け入れる。
そして、例えば3年後に日本語の能力向上や安定した職業が
あることなどを前提に定住を認めるということである。

 当初は小さな単位で受け入れ、その経験をもとに段階的に
増やしていくべきだ。
最初から、何十万人もの受け入れは失敗の元になる。

 世界では人口爆発が起こっている。
現在、74億人の世界の人口は毎年、7千万人ずつ増えている。
人々が溢れる世界の中で、日本は人口激減に直面しながらも
人材鎖国を続け、人口減少によって老衰死の道を選ぶのか。
世界から見れば、これほど不可思議で滑稽な国はないだろう。

 日本がこのまま人口減少による衰退の道を選ぶのか、
国を開き多様性の中に新たな可能性を見いだすのか、
日本人は岐路に立っている。

※dot.より転載

【転載終了】

***************************

 税収が減り、公共料金の値上げ、年金の掛け金が上がり、
支給額が減り、しかも、支給年齢が75歳くらいになるかも?

 私共の子供たちは最低限の歯止めとして、
個人年金を20歳から掛けています。

 私自身も大した額ではありませんが、
65歳まで個人年金がありますので、
定年後に働かなくても親の介護ができています。

 預金みたいなものでしょうかね。

 私の息子やお嫁さんたちは長男を除き、
皆、介護や看護の職についています。

 いろいろ話を聞きますが、人員不足も既に限界に
きているようです。
家族としても、いつも疲れているようで健康に不安を感じます。

 長男もお嫁さんが寝不足にならないように、
そして、家事が負担にならないように気遣い、
家事にも積極的に関わっています。

 妻も、息子やお嫁さんが少しでも家事の負担を
減らすことができるようにと、
食材を用意して持って行ってあげたりしています。

 お嫁さん達からは、度々メールや電話で
“お礼と近況報告”などきているようです。
(父親は蚊帳の外です・・・涙)

 介護や看護職は家族の協力なしでは成り立ちません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR