米韓首脳会談・・・奇襲作戦はあるのか?


【転載開始】

「会談終了後の記者会見は行われるが、記者質問はなし。
内容は相当厳しいものになる。
米軍による北朝鮮への奇襲攻撃は行われる可能性は大。
米軍側の準備はすべて整っている。
また8月には米韓合同軍事演習が行われるが、
この時期が危ない。」

という情報がありますが、情報の制度は不明です。

高坂哲郎レポートというのがあるので、
一部転載します。

米軍は、これまで何回も北朝鮮攻撃計画を検討しており、北朝
鮮についての情報は詳細に掴んでいます。そもそも毎年3月と
8月に行われる米韓合同軍事演習は、北朝鮮の田植えと収穫
の時期に合わせて毎年行われるのです。
 米韓合同軍事演習が行われると、北朝鮮としてはいつ攻めら
れるかわからないので、兵器や兵力を配置するなど、それなり
の対応をしなければならないのです。北朝鮮では、兵士は農繁
期に欠かせないマンパワーであり、もし田植えの時期が遅れると、
秋の食糧危機を招きかねないのです。そのため米韓合同軍事
演習は、北朝鮮への兵糧攻めの意味もあるのです。
 それでは、北朝鮮への米軍の奇襲攻撃はどのように行われる
のでしょうか。日本経済新聞編集委員の高坂哲郎氏のレポート
には次のようにあります。
────────────────────────────
 核実験場やウラン濃縮施設、弾道ミサイルの移動式発射台を隠
したトンネルなどに向け、米軍は巡航ミサイルを撃ち込む。その
数は推定300発。シリア攻撃の5倍の規模になる。
 米軍は海軍に加え、米本土や在日米軍基地から戦略爆撃機を
飛ばした空爆も視野に入れる。アフガニスタンの過激派組織「イス
ラム国」(IS)のトンネルを破壊した大規模爆風爆弾(MOAB)など、
北朝鮮の地下施設を無力化できる特殊な爆弾を平壌北部にある
北朝鮮司令部の破壊に使う可能性もある。金正恩氏はここで有事
の指揮をとるとされる。                ──高坂哲郎氏
          2017年5月18日付、日本経済新聞/真相深層
────────────────────────────
 この攻撃がどんなにすさまじいものか、現代戦を経験した軍人
にしかわからないと思います。何の予告もなく、おそらく夜間に
いきなり、300発ものミサイルが、連続して撃ち込まれるので
す。それと同時に、レーダーが把握できない戦略爆撃機が次々と
飛来し、間断なく爆撃が行われます。
 地下要塞に関して米軍はどこに換気施設があるのかについても
既に正確に把握しており、爆撃はそれらに照準を絞って行われま
す。これでは幹部は、地下空間に潜んでいられなくなります。
 それでも北朝鮮は反撃してくるはずです。なかでも威力がある
のは、数千発ともいわれる長距離砲やロケット弾による一斉攻撃
です。これについて、高坂レポートは次のように書いています。
────────────────────────────
 米軍の攻撃に反撃し、北朝鮮軍は韓国の首都ソウル一帯に数千
発の長距離砲やロケット弾を撃ち込む可能性がある。一方、米韓
合同軍は北側の発射地点をレーダーで瞬時に割り出し、戦闘攻撃
機や無人機で破壊を始める。その部隊は今春の米韓合同軍事演習
への参加の名目ですでに現地にいる。北朝鮮の火砲は自走できな
い旧式が多い。米韓軍に遅かれ早かれ破壊され、北朝鮮の砲撃は
長く続かないというのが専門家の見立てだ。  ──高坂哲郎氏
      2017年5月18日付、日本経済新聞/真相深層
────────────────────────────
 上記のような攻撃後、米軍特殊部隊は空から北朝鮮に上陸し、
重要な仕上げを行うことになります。これについて、軍事評論家
の黒井文太郎氏は次のように述べています。
────────────────────────────
 上陸後に米軍が真っ先に行うのは、核・ミサイルを押さえるこ
と。特殊部隊を投入し、所在の判明している核兵器をすべて破壊
する。その場にいる人間を尋問したり、コンピュータネットワー
クの情報を解析したりして、他の施設にあるものも虱潰しに破壊
していくでしょう。      ──軍事評論家/黒井文太郎氏
      2017年5月18日付、日本経済新聞/真相深層
────────────────────────────

【転載終了】

*****************************

 オバマ前大統領の時にも計画はされていたようですが、
実行にはいたらなかったようです。

 しかし、トランプ大統領の現状を見てみると、
「実行に移す可能性も考えられる」という観測もあります。

 奇襲作戦となれば一般人には知らされないので、
ちょっと怖いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR