都議選JNN調査、都民ファーストと自民が激しく競る・・・


TBS NEWS

【転載開始】

  7月2日に投票が行われる東京都議会議員選挙について、
JNNでは都民を対象に世論調査を行いました。
その結果、都民ファーストの会と自民党が激しく競り合う
展開となっていることが分かりました。

 調査は6月24日、25日に東京都の有権者を対象に行いました。

 まず、今回の選挙について「関心がある」「ある程度、関心がある」
を合わせると8割を超え、都民は高い関心を示しています。

 投票先については、投票先を決めている約4割の都民の中では、
都民ファーストの会が40代以上の中高年齢層を中心に
無党派層にも支持を広げ26.7%、自民党は30代以下の
若年層を中心に自民支持層をしっかりまとめて25.9%で、
激しく競り合う展開となっています。
また、前回の都議選で自民に投票した人のうち、
今回も自民に投票するとした人は半数強にとどまっていて、
4分の1以上の人が都民ファーストに投票するとしています。

 共産党13%、公明党12.3%、民進党8.4%の順で続き、
以下、生活者ネット、日本維新の会が追う情勢です。
ただ、「まだ決めていない」人が6割近くを占めていて、
特に無党派層では7割を超えていることから、
選挙結果は無党派層の動向が鍵を握ることになります。

 今後、取り組んでほしい政策については、
トップが「医療・福祉」で30.6%、以下、雇用・景気(17.9%)、
都政改革(17.6%)、子育て(15.4%)の順で続き、
市場移転問題は7.2%、東京五輪・パラリンピックの準備は
6.0%にとどまっています。

 一方、小池都知事の支持率は66.5%と高い水準を保っており、
都議選告示の3日前に示した市場移転の方針についても「評価する」が
54.9%で、「評価しない」を上回っています。

【転載終了】

*******************************

 浮動票がカギを握りそうですが、東京五輪問題や
豊洲問題を見れば明らかなんですがね~!

 無党派層というのは普段何も見て、聞いてしていないのでしょうかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR