スラム化する郊外とマンションの「現在」・・・


Business Journal。

【転載開始】 ※抜粋

文=牧野知弘/オラガ総研代表取締役

■高齢者と空き住戸だらけで修繕もできず

野村総合研究所の予測では2033年には日本国内の空き家数は
2000万戸を超え、空き家率は30%を超えるとされる。
一般的には空き家率は30%を超えると急速に治安が悪化し、
環境悪化を嫌気した人々が、地域から脱出を始めるといわれている。

 つまり、日本は国全体が30%という「限界値」を超える異常事態になるのだ。
ということは、おそらくこの頃には日本の多くの地域社会が崩壊の危機に
晒されることになる。
そしてこの崩壊は、地方の中山間地域から始まり、都市郊外部、
そして都心部へと広く、深く「病が広がる」かのように蝕まれていくことになる。

 首都圏の不動産価格は、アベノミクス効果で全体が上昇しているかのように
報道されているが、実態は異なる。
実は、首都圏郊外の不動産価値は、急速に下げ足を速めているのだ。
首都圏郊外部で育った年齢も若くてバリバリ働ける人たちは、
都心部に生活拠点を移し始め、地域に残されるのは高齢者ばかりに
なっているのが現状だ。

 首都圏でも千葉県や埼玉県の郊外や、船橋や松戸といった中核都市でも
駅からバスで行くような、昔「ニュータウン」と呼ばれた住宅地の中古価格は、
マンションで「くるま一台分」(250万円から300万円)、
戸建てでも1000万円を大きく下回るような「暴落状況」になっている。

 平成バブルの頃はおそらく4000万円から5000万円くらいはしたであろう
物件の価値が、10分の1程度にまで縮小しているということだ。 

■地域社会との接点が希薄

 残念なことに首都圏郊外のニュータウンと呼ばれた多くの地域は、
1970年代以降に開発された新しい街で、地域に根差した文化や伝統
といったものは存在しない。
住民の多くは、元サラリーマン。家と会社との間を往復するばかりで、
地域社会との接点が希薄だった人たちだ。

 家は核家族が中心。
祖父母などが同居しているケースは稀で、両親と子供たちだけという
二世代だけのものが中心だ。

 地域社会としては、住宅が分譲された同時期に一斉に入居した、
ほぼ同じ年代、同じ経済状況の人たちばかりだ。
初めのうちは若くて活気があふれていた街も、住民は一斉に歳をとり、
街中から子供たちの声は消え、高齢者ばかりのひっそりとした街になる。
子供たちはすでに学校を卒業し、都心部の会社に就職し、
会社から近くの都心居住を選択している。
夫婦共働きが当たり前の現代。
子供を保育所に預けて都心まで1時間半以上もかけて通勤するなどという
生活スタイルは、そもそも「あり得ない」のだ。

・・・・・

 彼らが経験したのは、私立中学に合格したのち、やはり父親と同じように
電車に乗って、学校と家との間をひたすら往復するだけの生活だ。
地域社会に溶け込む余地など、もともと残されていないのだ。
このようにまったく地域に対して「無関心」で育った子供たちは、
都心居住を選択したのちは、自分たちが「育ったはず」であるニュータウンには
戻ってはこない。
そもそも地域に対する愛着など欠片もないからだ。

・・・・・
 
 地域に残された人たちが高齢者ばかりになると、なんだか活気がなくなり、
お祭りに集まる人たちも急速に減ってしまう。
そのうちみんな億劫になって家に引き籠もるようになる。
ただでさえ、新たに開発された土地で、伝統も文化もない地域だ。
集まってきた人たちの「出自」もさまざまである。
職業はほとんどがサラリーマンで、何か特殊な技能や能力があるわけでもない。

 もともとサラリーマンという種族は、会社以外の人生というものを
味わったことのない人たちだ。
会社の「役職」だけが自分を表現する手段だった彼らにとって、
言うことを聞いてくれない妻や子供に加えて、いまだかつて「触れて」もこなかった
地域社会の人たちと交わり、今さら新たな自分を再構築していくことは
なかなかにして困難な作業といわざるを得ない。

 子供たちが「後を継ぐ」わけでもなく地域社会から次々と櫛の歯が抜けるように
去って行ってしまった地域では、地域の絆を保つ術がどこにもないというのが
実態なのだ。

【転載終了】

************************************

 妻は自営業なので、奥様方の話を聞く機会が多くあります。
そこで聞くのが、核家族化の話です(地方でもあるのです)。

 我が家は、子供たちが独立するまで、
食卓は私の両親を含め6人一緒です。
そして、お風呂の順番は、私の父親→母親→私→妻→子供たちでした。

 お客様や妻友はほぼ我が家と逆のようです。
私の友人の家庭も、ほぼ同様のですね。

 近年、子供さんたちは独立して、
長男でさえ別に家を建てているのが現状のようです。
 従って、私の地域では同居世帯が数えるほどで、
親御さんが亡くなるとほとんどが空き家になります。

 商店がアウトレット化してしまい、車がないと買い物もできません、
最近の妻との会話は、
「歳を取ったら逆に市街のマンション購入はどうか」ということです。
 市街なら歩いていける範囲にスーパーも個人商店もあるので。

 最近、コープデリが増えてきたのも高齢化社会の特徴でしょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR