「官邸の最高レベル」文書 文科省が追加調査の方針固める・・・


NHK NEWS WEB。


【転載開始】


 学校法人、加計学園の獣医学部の新設をめぐり、

「官邸の最高レベルが言っている」などと記された文書について、

文部科学省は改めて、文書が省内に存在するのかどうか追加の

調査を行う方針を固めました。


 この文書をめぐって、文部科学省は担当職員への聞き取りや、

担当課の共有フォルダーを調べた結果、先月19日、

「該当する文書は確認できなかった」と発表していました。

 しかし、その後、当時の文部科学省の事務次官だった前川喜平氏

が記者会見を行い、文部科学省で作成し、共有していたなどと主張

したほか、複数の職員が「文書は省内に保管されている」と、幹部に

報告していたことなどがNHKの取材で明らかになっています。

 民進党や共産党などは事実関係を徹底的に調べるべきだとして、

文部科学省に対し、再度調査を行うよう求めていましたが、

松野文部科学大臣は、これまで、改めて調査する必要はないという

考えを示していました。

 こうした中、与党内からも、公明党の漆原中央幹事会会長が8日、

記者会見で、「なぜ、再調査しなくていいのかは、菅官房長官の口

から、国民にわかるように説明してもらうことが望ましい」と

述べていました。


【転載終了】


*****************************


 どうも、官邸が世論を読み違えていたように思います。

一強の驕り(文春記事でも指摘)といいますか、

時間を稼いでいれば納まると思っていたようですね。


 既に、「トランプ辞任が先か、安倍辞任が先か」というような

雰囲気になってきている感じですね。


 やはり、前川前事務次官の記者会見が大きかったように思います。


 ここで、善前川 対 悪安倍官邸という図式になってきてしまい、

致命的だったのは、菅官房長官の人格攻撃だったと思います。

国民が、菅官房長官に不快感を持ってしまいました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR