流石、財務省・・・やることがエグイ!


朝日新聞デジタル。

【転載開始】

■森友交渉時のデータ消去へ 財務省がシステム更新

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却の交渉記録を記した文書や
電子データを財務省が廃棄・消去したとされる問題で、
同省は2日までに当時使用していた情報システムを更新した。
運営を委託していたNECが近くデータを物理的に消去する作業に入る。
この作業でデータが完全に消去されれば真相究明への道がいっそう険しくなる。

今回、財務省が更新したシステムは2013年1月から使用していたもの。
学園が国有地取得要望書を提出した同年9月から、
学園に国有地を売却した昨年6月までの全期間で使われていた。
職員に貸与されていたパソコンも一斉に更新された。

 システムや職員のパソコンには交渉記録などのデータが物理的に
残っている可能性があり、野党は保存の必要性を指摘。
「犯罪捜査でも消去したデータの復元を行っている。このまま更新したら
国民から隠蔽(いんぺい)と思われる」(民進党の高井崇志氏)などと
更新の凍結を求めた。しかし、財務省は見直しを拒否した。

 NPO「情報クリアリングハウス」は財務省と近畿財務局が持つ
関連電子データの証拠保全を東京地裁に申し立てたが、
先月31日に却下された。
財務省はNECに7月31日までの物理的な消去を求めている。
同NPOは「(裁判所の)決定は法の趣旨を誤解している」として、
週明けに抗告する方針だ。

 一方、民進、共産両党は2日、国有財産売却などの手続きに関する
透明性を確保する狙いから、各省庁に関連する情報開示を義務づける
国有財産法改正案を共同で参院に提出した。
(南彰、中崎太郎)

【転載終了】

**********************************

 これで財務省は安倍首相に恩を売ったことになりますから、
2019年の消費増税は確実でしょうかね。

 しかし、PC入れ替えにかかる費用は52億3,500万円余りの巨額で、
NECが請け負った役人得意の随意契約です。

 NECは臨時収入でこたえられないな~!という感じですかね。

 しかし、財務省というところは、「省庁の中の省庁」というだけあって、
エグイことを平気でするんですね。

 国民にすれば「人の金で何やってくれてんの!」ですがね~!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR