安倍首相の“影武者” ・・・?


日刊ゲンダイ。

【転載開始】

■安倍首相の“影武者” 和泉補佐官が加計学園をねじ込んだ日<2017年6月1日>

「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」――。
どうやら安倍首相の“影武者”の正体が少しずつ絞られてきた。
加計学園問題で、獣医学部の新設認可を早めるよう圧力をかけていた
人物について、前文科次官の前川喜平氏が和泉洋人首相補佐官を名指しした。
前川証言に対し、和泉補佐官は「確認できない」とトボけたが、
獣医学部設置のための制度改正が決まった昨年11月9日の
「国家戦略特区諮問会議」開催前の関係者・機関の動きを振り返ると、
どれも前川証言を裏付けている。

 和泉補佐官が前川氏を官邸に呼び出したのは昨年9月上旬と10月半ばの2回。
獣医学部の新設をめぐり、特に文科省が内閣府から強いプレッシャーを
受けていた時期と重なる。
前川氏が本物と断言した「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」
などの文書が作られたのも、この頃だ。

 ついでに言うと、和泉補佐官が最初に前川氏に対し「文科省の対応を早くしてほしい」
と求めたほぼ同じタイミングの昨年9月6~7日、加計学園の加計孝太郎理事長が
松野博一文科相、山本幸三行革担当相と会っている。
文科省の現場は陰に陽に「加計学園獣医学部新設」の圧力を感じていたに違いない。

■前川氏を2回目に呼び出した時点で勝負あり

 当時の「首相動静」を確認すると、和泉補佐官は9月15日に
安倍首相と面会している。
これは国家戦略特区WGで「獣医学部の新設」に関するヒアリングが行われ、
冒頭、事務局の藤原豊審議官が〈総理からも(略)提案課題について検討を
深めようというお話もいただいております〉との発言が飛び出した日の前日だ。

 9月26日には内閣府審議官と文科省担当課長の打ち合わせが行われ、
内閣府の参加者が〈「できない」という選択肢はなく〉
〈官邸の最高レベルが言っている〉と発言したメモが残っている。
翌27日には官邸で前川氏と松野文科相が安倍首相と面会しているのだが、
おそらく前川氏はあらためて「難しい」と説明したのだろう。
そこで、和泉補佐官は再び前川氏を呼び出したという流れだ。

 前川氏と松野文科相は10月26日にも安倍官邸を訪ねているが、
実は前日の25日は今治市が獣医学部設置用地のボーリング調査の検討を
始めた時だ。
和泉補佐官は国家戦略特区諮問会議が開かれる2日前の11月7日にも
安倍首相と面会。
これは、「文科省と話はついた」との報告に出向いたとみられる。
つまり、前川氏に対する2度目の“恫喝”で加計学園の獣医学部設置は
決まったとみていい。
和泉補佐官はなぜ、「行政のねじ曲げ」に加担したのか。

■安倍政権に恩義

「和泉補佐官は旧建設省出身で、住宅局長、内閣官房地域活性化統合事務局長を
最後に退官。民主党の野田政権下で内閣官房参与に就き、国家戦略を担当しました。
政権交代後も重用されるのは極めて異例ですが、横浜のみなとみらい再開発時に
菅官房長官と仲良くなったのが縁で引っ張られたらしい。おそらく本人は相当、安倍
政権に恩義を感じていると思います」(内閣府担当記者)

 公僕であるはずの公務員が「私利私欲」に突っ走る腐敗政権を担ぐ。
これを見逃せば他省庁にも“感染”する。一刻も早く今の政権を駆除しないとダメだ。

【転載終了】

**************************************

 発行された逮捕状を一行政官が握りつぶすとか、
森友で裁判所が証拠保全要請却下し、証拠の隠滅を幇助するとか異常な国です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR