「立法焦らず再考すべき」「共謀罪」懸念の国連報告者・・・


朝日新聞デジタル。

【転載開始】

■「立法焦らず再考すべき」 「共謀罪」懸念の国連報告者

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案に
懸念の意を示す書簡を安倍晋三首相に送った国連の特別報告者
ジョセフ・カナタチ氏(マルタ大教授)が、朝日新聞の取材に応じた。
書簡を批判した日本政府の対応を「他国にはなかった反応」とし、
「日本は立法を焦らず、優れた民主主義国として法案を再考すべきだ」
と述べた。

 カナタチ氏は各国の「プライバシー権」を調査・監視する特別報告者で、
国連人権理事会から2015年に任命された。「共謀罪」法案が
プライバシー侵害や恣意(しい)的な適用の恐れがある、とする書簡を
今月18日に安倍首相に送り、内容を公表。
菅義偉官房長官は会見で「特別報告者は国連の立場を反映するものではない」
などと批判した。

 カナタチ氏は24日に朝日新聞のメールでの質問に回答。
「書簡は国連の特別報告者として送ったもので、個人としてではない。
菅氏の指摘はミスリードだ。発言は無知からなのか、意図的に法案への
批評を拒もうとしたのかはわからない」と反論した。

【転載終了】

************************************

 官邸も国連への対応を間違えると厄介ですね。
やはり、官房長官の失態といえるでしょうか?

 また、麻生副総理(兼財務相)は、加計学園問題に疑問を投げ掛けました。
報道記事によると、麻生氏は26日の記者会見で
「(獣医学部を新設は)獣医師の質の低下につながる」と述べ、
獣医学部の新設に懸念を表明したとのことです。

 首相の外遊中に自民党内でも事が動き始めたような感じですね。

 官邸は、“内憂外患”というところでしょうか!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR