安倍の犯罪に霞が関が反乱・・・?


ジャーナリスト同盟Web機関紙。

【転載開始】

<大激震!「総理の意向」文書は本物・文科省最高幹部が証言>
 安倍と加計の深すぎる特別・異様な人間関係に、国民の目が集中している。
5月25日に当時の文科省のトップ・前川喜平事務次官が、堂々と記者会見
したことで、両者間の権力乱用の売国奴犯罪を決定付けた。
安倍の女房役の「怪文書」説に対して、真っ向から否定、文科省の「総理の意向」
文書は本物であると、明確に証言した。
前川爆弾さく裂である。不正を働く安倍首相犯罪に「もう、これ以上は付き合えない」
と怒りの矢を放ったことになる。
教育行政をつかさどってきた、人生を掛けた闘争に、自らゴングを鳴らしたものだろう。


<安倍の犯罪に霞が関が反乱>
 前川爆弾のさく裂に自民党内は浮足立っている。「もう安倍では選挙を
戦うことは出来ない」と萎縮して、そこからの離脱を模索し始めている。
官邸にとって、まさに想定外の「霞が関の反乱」に対して、打つ手はない。
連立を組む宗教政党の愚かすぎる幹部は「辞めた方の発言ではないか」
という意味不明の理屈をつけてやり過ごそうとしているが、むろんのこと
真実の証言にいささかも価値が低下するものではない。

 一般的に言って、官僚は恵まれた地位と収入を約束されているため、
官邸の指令にきわめて忠実であるが、それが犯罪性を帯びる度はずれた
行政権の乱用に対しては、相応の抵抗をする。
 それさえも抑止する安倍・自公内閣による「内閣人事局」の導入であった
のだが、それでも官邸の悪しき指示に何らかの歯止めを掛けようとする。
「総理の意向」という事実を記録することで、逃げを打っているとも受け取れる。
その文書が発覚したため、安倍晋三は逃げ切ることが不可能となってしまった。
 お尻からもうもうと立ち上る火炎の中でのイタリアG7首脳会議で、安倍の
心情はいかばかりであろうか。敵ながら同情したくなる?
 加計事件を裏付ける決定的証拠を、官僚の最高責任者が真実と証明した
衝撃にうろたえる菅ら官邸の面々である。
前川会見を、全ての新聞テレビラジオが一斉に報道している。
霞が関の反乱に国民の怒りが増大する5月26日である。


<財務官僚も決起>
 水面下では、官僚の雄・財務官僚も、安倍打倒に動き出したことが、永田町の
常識になっている。
 アベノミクスによる財政のさらなる悪化に対して、財務官僚の深刻さは測り知れ
ないものがある。
その怒りが、永田町においても表面化した。
 具体的には、野田毅や村上誠一郎ら自民党財務族の決起である。
勉強会と称する、本格的な安倍打倒勢力だ。
「解散も打てない死に体政権」という現状を踏まえたものだから、官邸の衝撃は
大きい。
背後を固める財務官僚の抵抗の大きさを裏付けている。

 いま安倍に寄り添う細田派は、問題議員の巣窟派閥でしかない。
頼みの幹事長派閥は、安倍の正体を見抜いて、安倍の心臓に噛みつこうと
見られている。


<自民党にも安倍打倒の動き>
 自民党は財閥の金と官界との癒着が、活動の基盤である。その一角が崩れて
しまった現在である。
官界の離反は、そのまま内閣・党執行部批判へと連動・拡大する。
 その先頭に村上・野田組が立った。

 同時並行して岸田外相の宏池会も、ようやく旗幟鮮明にした。
安倍の9条改憲論に岸田は、公然と「その必要はない」と反発した。
筆者は初めて宏池会会長としての岸田発言に安堵した。
宏池会はリベラルが信条である。
池田勇人・前尾繁三郎・大平政芳・鈴木善幸・宮澤喜一・加藤紘一という人脈は、
まさにリベラル一色である。
 安倍打倒の戦線に、岸田・宏池会も加わったことになる。
保守本流の復活への蠢動なのだ。
敗者の立場を巧妙に利用して勝ち取った吉田茂の平和主義憲法を、
極右に奪われてなるものか、という信念をみせた岸田に幸運あれだ。
犯罪的スキャンダルまみれの安倍体制崩壊を支えるのは、もはや細田派のみである。
 これに幹事長の二階が牙を抜けば、安倍落城となる。
官邸を犯罪の巣にした安倍を支援する勢力はいない。

 前川爆弾のさく裂が、永田町の政治力学、1強多弱をひっくり返してしまったのだ。
霞が関激震が、永田町激震へと伝染してしまったことになる。ここが政局の核心なのだ。


<暴かれ・裁かれる安倍の嘘>
 安倍・アンちゃん政治屋も、ここに来ると、怒りから哀れを誘う。
ゆっくりと自宅で夫人の手料理で夕食をとることも出来ない。
庶民の目線だと、連夜のグルメ生活で羨ましいのだが、果たしてそうであろうか。

 安倍の犯罪を知る夫人が、不用意に口を滑らせると、それで官邸から追い出される
運命が待ち構えている。
昭惠を一人にすることは出来ない。
口封じのためのイタリア同行なのだ。

 しかし、もはや安倍の嘘は通用しない。
嘘は暴かれ、続いて裁かれることになっている。
検察への相次ぐ告発に、検察も動き出さざるを得なくなっている。

 「イタリアで、帰国後の弔鐘を聞いているのかもしれない」との冗談も飛び出している。
ことほど元文部事務次官の証言会見の威力は大きい。
2017年5月26日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

【転載終了】

***********************************

 安倍政権の国内事情はG7首脳も承知しているでしょうから、
「死に体内閣」と認識すれば、安倍首相はほぼ相手にされないでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR