山本地方創生相に使途不明の政治資金・・・


日刊ゲンダイ。

【転載開始】

■“首相のイエスマン”山本地方創生相に使途不明の政治資金<2017年5月26日>

 加計学園問題をめぐる国会答弁でも、「安倍総理からの指示はない。
私が決断した」とかばっていた。
国家戦略特区を担当する山本幸三地方創生相(68)が16年8月に就任以降、
加計学園の獣医学部は異例の早さで認可申請にこぎ着けた。

「首相のイエスマン」と称される山本氏の忖度ぶりは極めて怪しいが、
政治資金の使途も随分と怪しい。

■裏金づくりの疑念も

 日刊ゲンダイは政治団体「山本幸三後援会」の1件1万円以下の支出に関わる
「少額領収書の写し」(12~14年分)を入手。
精査すると、巨額の“使途不明金”が見つかった。

「後援会」の、交際費などに関わる「組織活動費」の項目には、
「領収書等を徴し難かった支出の明細書」として大量の支出が記載されている。
「支出の目的」欄には全て「会費」と記され、3年間で計301件、
総額145万3900円にも上る。

 1回当たりの支払額は最少200円、最大1万円。
主に5000円以上の支出が目立つ。
日付の記入はあるが、支出先は一切、記載がない。
領収書を貼付しなかった理由は、全て「発行されなかった為」とある。
まさに支出先不明の“ブラックボックス”だ。

 日刊ゲンダイは、何人もの大臣の少額領収書の怪しい支出を追及してきたが、
これほど大量で巨額な“使途不明金”が見つかったのは、他に例はない。

 さらに精査していくと、“使途不明金”の正体をうかがわせる怪しい領収書が
紛れ込んでいた。
「後援会」は13年、地元・福岡県内のスナックに2度支出。
金額はそれぞれ5000円と7980円で、ただし書きはともに「会費」だ。
名目はやはり「組織活動費」である。

 本来、ポケットマネーで支払うべき飲み代を政治資金で賄ったようにしか見えない。
そんな怪しい支出がおびただしい数に上るため、「領収書等を徴し難かった」と
ゴマカしたのではないか。

 山本事務所に問い合わせると、「政治資金は法令に従い適正に処理し
報告をしているところです」と判で押したような回答。

 政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授はこう言う。

「山本事務所の回答では、『明細書』にある支出が真実であることはおろか、
正当であることの証明にもなりません。私的な支払いを潜り込ませた可能性も
考えられますし、裏金づくりのため、虚偽の支出を計上したと疑われても仕方が
ありません」

 後ろめたくないのなら、詳細に説明すべきだ。

【転載終了】

*************************************

 相当気合を入れて疑惑追及の取材をしているのか?
それとも次々情報がリークされているのか?
首相の疑惑追及中に、安倍側近の疑惑が浮上、
安倍一強の時とは状況が一変してますよね。

 官房長官も手の打ちようがないという感じで、
下手に動くと裏目に出そうな感じの状況ですし、
既に、有耶無耶にすることは不可能のような気がします。

 ゲンダイは反安倍の急先鋒なので追及の手は緩めないでしょうが、
他の新聞(政権よリ三大紙以外)、テレビが報道の手を緩めないのも珍しいです。

 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の類ですかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR