上場企業のサラリーマン・・・高い業種・低い業種(調査結果)!


HuffPost Japan。


【転載開始】


■上場企業のサラリーマン、平均給与は605万円

  高い業種・低い業種(調査結果)


上場3079社の平均年間給与は、2016年は605万7000円だとする調査を、

5月24日、東京商工リサーチがまとめた

2015年より6万3000円(1.0%)増加しており、2011年の調査開始以来、

初めての600万円台となった。

ただし、500万円未満の企業も723社で23.4%を占めており、

上場企業の給与は二極化している。

■高い業種・低い業種は…

業種別に見ると、3年連続トップとなった金融・保険業は、

702万9000円と唯一700万円台に乗せた。

金融・保険業は。2位は建設業で、671万9000円。

以下、不動産業の663万7000円、電気・ガス業の658万6000円と続いた。


 original.jpg


最下位は6年連続で小売業となり、500万円。

小売業は3年連続で上昇し、初めて500万円台に乗せた。


■平均年間給与1000万円以上は60社


平均年間給与1000万円以上は、60社あった。

個別企業でみると、トップはM&Aの助言などを行うGCAで2139万6000円。

2位は不動産業の日本商業開発で1741万円だった。


 original (1)

【転載終了】

******************************************


 私は現役での年収ピークが600万円弱でしたが、

その後、間接(技術)に引っ張られて、

年収が100万円弱の減収になってしまいました。


 仕事が苦労になって減収になったのには納得できませんでしたがね!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR