パナソニック>本社数百人規模に 7分の1に削減・・・

パナソニックの津賀一宏社長は毎日新聞のインタビューに応じ、
10月に始動する「新本社」の人員を、
現在の7分の1以下の数百人規模にまで絞り込む方針を明らかにした。
本社は戦略立案や投資の決定など企画機能を中心とし、
意思決定を迅速化する。
また、過度な円高などで日本の製造業の競争力低下が指摘される中、
国内の生産拠点を維持する考えも強調した。

本社の社員は現在約7000人いる。
各事業部門をサポートする「全社サポート部門」を新たに設置したうえで、
研究開発や調達など数千人を同部門に移す。
津賀社長は「(本社は)数百人でも十分対応できる」と述べた。

一方、津賀社長は、国内の生産拠点について、
「これ以上減らすと、基礎的な力を維持できなくなる」と維持する方針を強調した。

*********************************

サポート部門といっても、畑違いの仕事につかされ、
やめさせる方向に持っていくと考えられる。

いよいよサラリーマン受難の時代が到来したといえるでしょう。

大前氏は週刊誌で「本社部門の40%を削っても支障があった会社はない」
と語っています。

一足早くサラリーマンの受難を受けたものとして、
たえず、「最悪の状況を想定し」その時はどうするか考えています。

我が社の正規社員に危機感はあまりないようですが、
私たちが退職した時より今後の危機は厳しい環境になることを、
覚悟したほうがいいでしょう。

国内に失業者を吸収できる業種がありません・・・
日本人も海外に出稼ぎに行かざるを得ないかもしれません?

転勤ならまだいい方かも・・・

家電業界の次は。。。自動車業界?

内需を冷え込ます『消費税増税』は絶対阻止しなければないません・・・
売国政治家(消費税法案賛成議員)は次期選挙で落とさなければなりません。
多分、選挙になったら「増税賛成の言い訳」で選挙にならないでしょうが・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【パナソニック>本社数百人規模に 7分の1に削減・・・】

パナソニックの津賀一宏社長は毎日新聞のインタビューに応じ、10月に始動する「新本社」の人員を、現在の7分の1以下の数百人規模にまで絞り込む方針を明らかにした。本社は戦略...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR