「こども保険」、政府に検討要請へ・・・


YOMIURI ONLINE。

【転載開始】

■「こども保険」、政府に検討要請へ…自民特命委

自民党の「人生100年時代の制度設計特命委員会」(委員長・茂木政調会長)は、
幼児教育の無償化や待機児童解消の財源確保策として、保険料で財源を賄う
「こども保険」も含めた検討を政府に促す提言案をまとめた。

 歳出削減や増税などとともに議論し、今年末までに結論を出すよう求める。
来週中にも提言を決定し、政府に提出する。

 こども保険は、公的年金などの社会保険料に上乗せして保険料を集め、
子育て世帯への給付に充てる構想。
提言案では、こども保険は増税に比べ負担と給付の関係が明確になり、
「国民の理解を得やすい」とする一方、課題として、子育てを終えた世帯からは
負担への理解を得にくいことなどを挙げた。

 他方、「将来世代に負担を先送りすることなく取り組む必要がある」と明記し、
党内で浮上している「教育国債」による財源確保について否定的な立場を鮮明にした。

【転載終了】

**************************************

 仕組みとしては、
社会保険料15%に子供保険料0.1%を上乗せして徴収。
                  ↓
             (将来的には0.5%)

未就学児童に5000円/1人/月支給ということのようです。

 しかし、子育てを終わった世代からは不満がでています。
自分の子育てを終わってから他人の家庭の子育てを支援するようなものですから、
賛否両論になるのは当然でしょうし、 国民からは、
その前に無駄遣いの削減を求める声が相次いでいるようです。

 先に出ていた、高等教育の無償化案は結局、在学中の授業料納付を先送りにして、
卒業後に給料から天引きされる形で支払う制度になるとのことです。

 国民からは「今までと変わらない」「ただの借金」「奨学金とどこが違う」
などと反発の声が出ていました。

 一事が万事このようなのが安倍政権です。
アドバルーンを高く上げたら空気が抜けてしまって落ちてきてしまったようなものです。

 結局は、年金原資がなくなってきてしまっているので、
補填しようというのが本音なのでしょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR