スノーデン氏の警告!


 共謀罪が成立すると、「日本は超ハイテク監視社会になる」と
元CIA職員スノーデン氏が警告しています。

 すべての電話、メール、LINE、SNSでのやりとりなどはすべて監視の対象になり、
情報の力が人や政治を、そして国家を支配する時代が共謀罪の向こうに見えてくる。
この法案を自民党は強行採決しようとしています。

 現行の警察権力が特攻警察化してくる可能性があります。

 アメリカの監視社会の中心で働いてきた人物の警告だけに、
現実味がありますね。

 先般、先行して日本版NSCも立ち上げているので、
国民を監視・コントロールしやすい国にしようとしているのは明らかですし、
体制批判ができない国になりそうですね。

 しかし、国民の7割はそんなことは考えたこともない人たちです。
幾らネットで叫んでもどうにもならないのは分かっていますが、
少数の人たちは警告を発信し続けています。

 戦時中の方たちが反対するのは、お隣同士が監視しあい、
密告する可能性があることを心配しているのです。
 事実、戦時中は戦争に反対していた方たちを非国民といい、
そのようなことが起こっていたからです。

 このような情報発信もいまだけかな・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR