実質賃金、3月は0.8%減 2カ月ぶり減少・・・


日経新聞。

【転載開始】

■実質賃金、3月は0.8%減 2カ月ぶり減少 ・・・毎月勤労統計

 厚生労働省が9日発表した3月の毎月勤労統計調査
(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は
前年同月比0.8%減った。2カ月ぶりに減少した。
名目賃金の減少に加えて、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)が
上昇し、実質賃金を押し下げた。
減少幅は2015年6月(3.0%減)以来1年9カ月ぶりの大きさだった。
厚労省は賃金動向について「基調としては緩やかに増加している」との見方を示した。

 基本給や残業代など名目賃金にあたる現金給与総額は0.4%減の
27万7512円だった。減少幅は15年6月(2.5%減)以来の大きさ。
内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は0.1%減、残業代など所定外給与が
1.7%減だった。
ボーナスなど特別に支払われた給与も3.6%減と落ち込んだ。

 パートタイム労働者の時間あたり賃金は2.1%増の1097円だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

【転載終了】

**************************************

 この分だと、連休明けから消費が落ち込みそうですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR