妻のお小遣い・・・07年の調査開始以来最低!


朝日新聞デジタル。

【転載開始】

■妻のお小遣い、月1万8千円 07年の調査開始以来最低

 明治安田生命保険が28日に発表した「家計」にかんする調査結果によると、
夫婦で自由に使える「お小遣い」の月額は夫が3万1764円、妻が1万8424円で、
過去最高だった2007年より約9千~1万3千円少ない結果となった。
同社は「景気の先行きへの不安から、財布のひもは固いようだ」とみている。

 妻のお小遣い額は、07年の調査開始以来で最低だった。
小遣いの希望額は、夫が4万5750円、妻が2万8670円で、
現実とは1万円以上の差があった。

 今年初めて聞いた世帯あたりの貯蓄額は、50~70代で1千万円を超えた。
一方、貯蓄がない世帯は全体の約2割だった。
明治安田生命の小玉祐一チーフエコノミストは
「高齢者層の購買意欲に働きかけることが個人消費活性化のカギだ」と話している。

 調査は20~70代の既婚男女を対象に、インターネットで4月に実施。
有効回答は1618人。(河合達郎)

【転載終了】

************************************

 文中に、「高齢者層の購買意欲に働きかけることが個人消費活性化のカギだ」、
とありますが、無理だろうなと思います。

 高齢者は、若い世代以上に社会保障が削られていることに敏感です。

 我々予備軍も老後不安があり散財はできません。
ましてや、家計を預かる妻たちが貯蓄にまわすのは当たり前です。

 食費や光熱費など生活必需品については妻達が担っていますから。

 私を含めた男性は、「これは幾ら、これは幾ら」と値段を見て買いません。
女性は、「前より幾ら上がっている」、「分量が減っている」とチェックが入ります。
「これは、これから行くドラッグのほうが安いから」という具合です。

 私が妻と買い物に行き、
買い物かごに入れると「値段みてきた」と必ず言われます!
妻曰く、「あなたは自分の財布じゃないと値段みてこないんだから」とお小言!(笑

 それと、若い世代は自分の若い頃より経済観念がしっかりしているように感じます。
30歳前後では家を建てることを考え始めますし、子供にかかるお金、
家のローンを考えれば消費にはおのずとまわらなくなります。

 消費が落ち込んでいるのは“いまだにデフレ”であることに気づかない、
政治力の劣化も原因のような気がしますが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR