フジテレビ「殺人事件報道でバラエティ効果音」・・・


Business Journal。

【転載開始】

■フジテレビ「殺人事件報道でバラエティ効果音」ミスで大バッシングの嵐!
   社長は『アナ雪演出』を「唐突感」ですませたが・・・

フジテレビ系情報番組『直撃LIVE グッディ!』で、
とんでもない放送事故が起こったとネットで話題になっている。

 番組では、千葉県我孫子市の草むらで、ベトナム国籍で小学3年の
レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同県松戸市=の遺体が見つかった
殺人・死体遺棄事件を報道。そのVTRで、「問題」は起こった。

 映像では、リンさんが連れ去られた経緯や足取りを探る映像だったが、
重々しい映像と音楽の中、時折ニュース内容に似つかわしくない「音」が
紛れ込んでいたのだ。

 その音は「ピューン」「ポン」など、明らかにバラエティに使われる「効果音」。
突然の意味不明な音の登場に、多くの視聴者は困惑してしまったようだ。

 ネット上では「殺人事件のVTRでこれはまずいだろ」「最低の放送事故」
「またフジテレビか」と批判が殺到。
幼い命が無慈悲に失われた事件のVTR中の"あり得ない失態"に
厳しい声が後を絶たない。
「ニュースの内容を考えれば、このような間違いがあっていいはずが
ありません。近頃信頼を失っているフジテレビですが、こうした冗談に
ならないミスは、ますます視聴者が離れますよ。安藤優子キャスターが
謝罪しましたが、時すでに遅し、です」(記者)

 安藤キャスターは「今ご覧いただきましたVTRの中で一部関係のない
効果音が入ってしまいました。編集上のミスでした。大変申し訳ありません
でした」と謝罪したが、もはや謝罪したからどうこうという問題ではなく、
制作側の意識の問題としかいえない。
「緊張感がない」「ハプニングで片付けられないだろ」などなど、
バッシングは次第に大きなものとなっており、
一部では「わざとやったのか」などとあらぬ疑いをかける声すら出ている。

 フジテレビの亀山千広社長は31日、社長会見で4日に放送した映画
『アナと雪の女王』のエンディングで、タレントや同局アナらがテーマ曲を
歌う演出に「唐突感があった」と反省の弁を述べた。
 だが、これを「唐突」ですませることはさすがにできないだろう。

【転載終了】

***********************************

 フジサンケイグループは、産経新聞の部長が、
辻元誤報記事問題で謝罪どころか逆切れ反論記事を書くようなところです。

 もういい加減メディア・マスコミ界から消えた方がいいですね、質が悪すぎます。

 番組もつまらないですしね!

 フジはこのような失態が多く、
会長である日枝氏の退陣要求が株主から出ているが、
社員を使って質疑時間を潰しています。
 これでは、株主も株を手放したくなりますよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR