「日本流」の強みを失ったセブン&アイは、この先を生き残れるのか?


MONEY VOICE。

【転載開始】

■欧米の脅威だったカリスマ経営者・鈴木敏文氏

 欧米の投資家の間で、バブル崩壊後の日本を「つぶす」時期に
名前が上がっていたのが「セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文氏」と
「ロック・フィールド(RF1・神戸コロッケ・グリーングルメなど)の岩田弘三氏」
であった。とにかく欧米勢は、この2人が気に入らなかったのだ。

 なにか話題があると、2人の名前が出てきていた。
なぜなら、欧米勢が欧米式の尺度で次々と日本企業をつぶし、
または力を削ぐ中でも、この2人は独自の日本的なやり方で譲らなかったためだ。

 2人に共通するのは、欧米の尺度以上に、日本的な現場の把握や
試行錯誤を徹底していたこと。
鈴木氏は「自らコンビニ弁当を食べていた」と伝えられているし、
またロック・フィールドは、地元の人間でもあまり知らないような九州の奥地にも
契約農家をもっていて驚かされる。
このため、欧米勢に負けることなく、日本的なやり方で企業を発展させたわけだ。

■カリスマの失脚で「普通の企業」になったセブン&アイ

 このうちセブン&アイは、鈴木氏が去り、いわば普通の「欧米の尺度の企業」に
なったわけだ。
不採算店は閉店するか、統廃合。利益が出なければ、人員削減でコストダウン。
こうした普通の欧米の尺度に引き込まれると、セブン&アイは欧米勢に
狙われることになる。

 なぜならセブン&アイは、鈴木氏の現場の観察や把握力で、欧米の尺度を
上回っていたからだ。
欧米の尺度でコンビニを経営すると、NYなどにあるセブンイレブンのような
感じになる。
昔からの雑貨店を、少し綺麗にした感じ。
つまり、コストや客が求めるレベルだけで最適化すると、アメリカのコンビニの
ようになるわけだ。
それを鈴木氏は、現場の観察と試行錯誤で日本のセブンイレブンに仕上げ、
完成させ、高収益を上げていた。

 鈴木氏がセブン&アイを追われる前に話していた、今後のセブンイレブンに
対する危惧は本当なのだろう。
数字では、好業績のセブンイレブンだが、鈴木氏の目には課題が見えて
いたわけだ。
その課題を解決できないセブンイレブンのトップを交代させようとして、
逆に鈴木氏側が失脚してしまったというわけだ。

 セブンイレブンと、ローソンやファミリーマートを比べると、数字上は
セブンイレブンが勝っている。
しかし、どちらの店が繰り返し買えるか、日常の食事に替わるかなど、
買い手の都合では必ずしもセブンイレブンが優れているわけではない。
とくにコンビニ3店舗がすべて揃っている場所では、こうした比較が働く。

 鈴木氏が去ったセブン&アイは、セブンイレブンの今後、
イトーヨーカ堂の立て直し、そごう西武をどうするかなど、
欧米の普通の尺度では厳しい経営に直面することになる。

 おそらく欧米勢は、鈴木氏の退任に大喜びであっただろう。
戦時中に例えれば、零戦(零式艦上戦闘機)の弱点を発見したようなものだ。

■欧米勢に狙われる、セブン&アイ

 「構造改革」や「世界標準」という名の下で、次々と国内企業が力を失い、
国民から中流層が消失したバブル崩壊後の日本。
欧米勢の狙いは、日本企業を欧米の尺度で弱体化させ、
または切り売りして利益を上げ、国力を低迷させることであった。

 一番、欧米勢が気に入らなかったのは、日本の中流層の豊かな暮らしであった。
中流層が豊かであれば、GDPも成長し、国力も強い。
GDPは軍事力でもあるわけだ。日本はまんまと「ワナ」にハマり、
国力は衰退し、GDPも低迷している。

 鈴木氏がいなくなったセブン&アイは、欧米の尺度のもとで企業経営を
行うことになる。
欧米の尺度では、コンビニが高収益を上げることはできないし、
イトーヨーカ堂のような総合スーパーはさらに厳しい。

 セブン&アイは、鈴木氏の退任で欧米の尺度による「経営の正常化」を
したわけだが、その「正常化」をしたことによって、
まともな経営は厳しくなることになる。

 最近、さまざまな経済誌でセブン&アイ・グループの記事が多くみられるが、
やはりという印象を持つわけだ。

【転載終了】

**************************************

 最近感じることは、日本は住み分けがなくなって来ているなということです。
2,3年前に妻がこぼしていたのですが、「写真屋が着付けまでするようになってきた」
そうです。
幸い、妻のお店は古くからの旅館の女将さんや食堂などの女将さんが顧客なので、
細々とでも営業を続けられているようです。

 コンビニがドーナツを売り、回る寿司屋が麺類はおろか、パンケーキまで出す。
結局、専門の小売り店が廃業していくようになってしまい、
シャッター街が生まれるということです。
 市街地でも、アウトレットにより、
街中は店舗数が減少し、待ちゆく人がほとんどいなくなっている状況です。

 典型的なのが回転寿司なのですが、業界一位のところが昼時に閑散としており、
外資に買収されてしまったところが昼前には待ちがでるようになっているという状況です。

 鴻海に買収されたシャープは、ボーナスが最大8倍の差があるそうです。
やる気をなくしたところで他に転職も難しく、我慢するしかないのでしょうかね。

 競争力が落ちてきた日本の行き先は・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR