年収800万円~1000万円で幸福度が下降する理由?


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■なぜだ? 年収800万円~1000万円で幸福度が下降する理由<2016年12月21日>

 日本人は今、どれくらい幸せなのか。
PGF生命が20~70代の男女2000人にアンケートした結果が興味深い。

 世帯年収別の分野別満足度を聞くと、「仕事・職業」「マネー(貯蓄)」は
年収が上がるに比例して満足度も高まるが、
妙なのは「趣味・レジャー」「恋愛・結婚」「健康」の3項目について。
なぜか「年収800万~1000万円」だけカクンと下がってしまうのだ。

 このクラスの家庭はバリバリの中産階級。
一方で、働くサラリーマンとしては多忙な中間管理職も多く、
趣味やレジャーなどの余暇にあまり時間を割けないことも考えられる。
子育て真っ盛りの家庭も多く、夫婦水入らずを楽しむ機会も少ない可能性がある。

「そして何より、この年収帯の家庭は、税優遇や控除・手当も削られる“ハズレ世帯”
でもある。児童手当は約920万円以上(子2人)で打ち切られ、横浜市などの場合は
私立幼稚園助成なども半分程度にまで減らされる。大学の第1種奨学金(無利息)も、
自宅外の国公立生は824万円(4人家族)で足切りされます。比較的恵まれた収入
にもかかわらず、家計の負担感は大きいのです」(ジャーナリスト・中森勇人氏)

 日本は今、貧乏人と大金持ちの二極分化の方向にあるが、
少なくなりつつある中産階級まで疲弊しているのだ。

 政府は配偶者控除の年収制限も検討中。
今のところ年収1120万円以上が対象だが、
そうなると、この年収世帯もダメージを負うことになる。

 ちなみに、年代別に聞いた「人生の満足度」では、
60代以上の67%が「満足」と答えたのに対し、
20代は39%と年齢が若くなるにつれて減る傾向がある。
どちらもショッキングなデータだ。

【転載終了】

***************************************

人生は思いどうりにはなりませんね。

少しだけ愚痴を言わせてもらうと、
サラリーマン人生を全うしての“引退後の夢”は夢でしかありません。

待っているのは親の介護です。
特に長男という宿命を背負っていると親の介護からは逃げることができません。

長男以外の子供は介護の負担がなくうらやましいと思ったこともありましたが、
最近話題になり知ったのが、「姻族終了届」です。

万一、長男が不幸にも親御さんを残し亡くなってしまった時、
長男のお嫁さんが「「姻族終了届」を出した場合、
次男以降の親族に親の介護の負担がかかってきます。
覚悟のなかった長男以外の子供さんたちに果たして親の介護ができるのだろうか?
特に、長男ではないからという理由もあって結婚したお嫁さんたちの心情は・・・

ちょっと気になる今日この頃です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR