トランプバブル崩壊の“Xデー”・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■株価1万9720円がシグナル トランプバブル崩壊の“Xデー”<2016年12月15日>

トランプラリーが続く兜町は、「年末株価2万円」――とイケイケムードだ。
トランプが大統領選に勝利してから約1カ月で、
日経平均株価は3000円も高騰している。
このトランプバブル、一体いつまで続くのか。
バブルが崩壊するとしたら、どのタイミングなのか。

 今、兜町関係者が心配しているのは、「12・22」と年明け早々の「1・4」だ。

 マネー評論家の新田ヒカル氏はこう言う。

「ヘッジファンドが利益確定で売りに走ると噂されているのが、クリスマス前の
今月22日です。一気に売りが先行すれば、日本株が大打撃を受ける可能性
がある。もうひとつが年明けの1月4日です。1月20日の大統領就任式が
近づくほど、トランプの言動は活発になるとみられ、過激発言が飛び出す
恐れがあります。米国で正月休みが明けるのが3日なので、年初の挨拶などで
暴言が出れば、マーケットに悪影響を及ぼすことが考えられます」

 ここ数年、日本株は年末年始に高値をつけるケースが多い。
2017年も1月以降、下落してもおかしくない。

 トランプ政権の人事も、株価の行方を不透明にしている。

「トランプ政権は、ウォール街人脈が幅を利かせることになりそうです。すでに、
米証券大手ゴールドマン・サックス関係者3人のホワイトハウス入りが決まっている。
投資家は歓迎しているが、その一方、選挙中に掲げた『反ウォール街』の公約に
反することを懸念する声も聞こえてくる。どちらに転ぶかは見通せません」(証券関係者)

 先が見えないトランプバブル。
崩壊の分水嶺は「1万9720円」だ。
「株価の過熱感を測る指標であるPERが、17倍を超えると危険です。PER13倍未満は
“売られ過ぎ”で、17倍超えは“買われ過ぎ”といわれている。ところが、13日終値の
1万9250円は、すでにPER16.6倍と17倍に近づいている。17倍に当たる1万9720円
を超えると“危険水域”です。昨年も、6月24日に17倍を超える2万868円をつけた後、
3カ月で3000円も下落している。同じ道をたどる恐れもあり得ます」(前出の証券関係者)

 個人投資家は、売り時と買い時を慎重に見極めた方がいい。

【転載終了】

***************************************

トランプ氏は保護主義的な方針を打ち出しているので、
いずれ暴落するような気がしますが、
日本投資家が逃げ遅れれば大損する可能性が大ですね。

日本人投資家こそ、先手を打って利確すべきかもしれません。

個人的には総選挙の方に注目しているのですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR