カジノ法案はアメリカからの要望だった!


【転載開始】

■カジノ法案はアメリカからの要望だった!三橋貴明氏が大暴露!
  「カジノ内に消費者金融も」

ACCJがカジノ・IRに関する意見書を発表
http://xn--lck0a4d753sy7i2vholc.net/accj%E3%81%8C%E3%82%AB%E3%82%
B8%E3%83%8E%E3%83%BBir%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%
E6%84%8F%E8%A6%8B%E6%9B%B8%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8/

• IR全体の成功を妨げることを回避すべく、カジノの規模に関して恣意的な
 制約を法規制に盛り込まないこと。

• 初期段階では、東京圏、大阪圏ならびにその他地方数か所のIRの認可を
 含めること。

• 東京圏および大阪圏では、特定地域内でリゾート「群」を開発する認可を
 複数のIRに与えること。

• GGRに対する税は、保険会社や電力会社に課税される事業税と類似の仕組みをもつ、
 法人事業税として取り扱うべきである。

• カジノ・ギャンブルは、消費税の対象から外し(適用除外取引として取り扱う)、
 ギャンブルが認められている公営競技と同じ方法を適用すること。

• 入場料は課さないこと。もしくは、最低限入場料の取扱いは、日本のあらゆる
 ギャンブルと同様とすること。

• 日本のカジノ業界の規制監督はカジノ規制委員会にて行うこと。
 なお、関連する専門的背景や経験を有する委員を内閣総理大臣が選任するものと
 すること。

• 日常業務や事務の監督は、カジノ規制庁(Casino Regulation Agency, CRA)が行うことと
 すること。CRAには、五つの部門-総務、認可審査、法規制の執行、監査、
 カジノゲーム機器の検査承認-を設けること。

• カジノに関する認可を特定の個人または企業に付与する前に、国内でカジノとその
 運営に関わっているすべての企業および業界への大手サプライヤーについて、
 適切かつ徹底した審査を行うこと。

• カジノゲームの参加者は20歳以上とすること。カジノの24時間年中無休の営業を
 認めること。

• IRにおける顧客への金融サービスの提供を認めること。これは、日本でカジノビジネスが
 成功するうえで不可欠であり、政府および地域社会への経済的利益をもたらす主要な
 けん引役となる。

【転載終了】


***************************************

あまりにも性急に成立させようとしすぎると思ったのですが、
やはり推測どおりでしたね。

多分、大方のブロガーは「安倍首相が訪米時に約束させられてしまったのではないか?」、
と考えていたと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR