安倍“強欲外交”は命取り・・・?


【転載開始】

■オバマ&トランプ二股で大失敗…安倍“強欲外交”は命取り<2016年11月22日>

 野党は今こそ攻め時だ。「現職」と「次期」を両てんびんにかけた
安倍首相の強欲外交はハッキリ言って国益を損ねている。
次期アメリカ大統領との会談では、身内同席が、米メディアで
「政治の私物化」と物議を醸し、トランプ会談優先の非礼により、
オバマとの協調路線は崩れた。
ダメ野党の烙印を押されたくなければ、
ガンガン攻め立てるべきだ。

 安倍首相との会談にトランプの長女・イバンカが同席したことについて、
世界有数のビジネス誌、米フォーチュンは
「イバンカ氏に国家の機密情報にアクセスする権限はない」と批判している。
それもそのはずで、米国では「反縁故法」によって、大統領の親族を閣僚など
要職に就任させることを禁じている。
「そもそも米国では、血縁によるコネ採用自体をタブー視する風潮がある」
(日米外交事情通)という。

 安倍首相がイバンカと親しげに会話する写真を見る限りでは、
安倍政権がそんな米国特有の「風潮」を理解していたとは思えない。
むしろ、重要な会談に親族を同席させることを、
疑いもせずに唯々諾々と受け入れているようにすら見えた。
「大事な話がある。親族は外してもらえないか」といった当たり前の
注文すらつけられなかったとすれば、会談の中身もたかが知れている。
誰が大統領になっても相変わらずの隷従路線。
尻尾フリフリのポチ外交だ。

「会談の出席者数が“不平等”だったのも問題です。トランプ氏は長女と旦那を含め、
“側近”3人を同席させたのに、安倍首相はたった一人で臨んだというから、
あまりにも軽率です」(元外交官の天木直人氏)

■オバマ大統領とは短時間の立ち話

 安倍首相とオバマの首脳会談が頓挫し、「立ち話」で終わった問題はもっとヤバイ。
リマのAPEC首脳会談が開かれた19、20日のいずれかでの会談を調整していたが、
安倍首相がトランプを「信頼できる指導者だと確信した」なんてヨイショして以降、
オバマの態度が硬化。
結局、会談は5分程度で終わってしまった。

 TPP関連法案はハナから強行採決ありきのデタラメ審議。
それもこれもオバマにTPP承認を後押しするのが狙いだったはず。
「米議会の承認断念」と伝えられた直後の非礼はオバマならずとも許しがたい。
それでもなお、TPP推進をオバマに「お願い」する気なら、あまりにも虫が良すぎる。

 絶好の“攻め時”に野党も鼻息が荒い。

「24日の参院TPP特別委の集中審議では、蓮舫代表が質問に立ち、首脳会談が
立ち話に終わった経緯を厳しく追及する予定です。衆院でも、予算委で集中審議の
開催を求めています」(民進党国対関係者)

 安倍首相のクビを取るつもりで攻め、外交上の大失策を問いたださなければ、
野党の存在意義はない。

「野党は、『トランプ氏との会談を拙速に行った理由』や
『一人で会談に臨んだのはなぜか』など、さまざまな角度から徹底追及し、
事実関係を明らかにすべきです」(天木直人氏)

 ダメ野党の汚名を返上したければ、
安倍首相の強欲外交を徹底的に追及しなければダメだ。

【転載終了】

****************************************

どうもトランプ氏の当選から様子見をしていた、
ロシアのプーチン大統領の態度も変わったようです。

トランプ氏の当選で潮目が変わったかも。

これから安倍外交の正念場のような気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR