IMFは日本の賃金が低すぎることを懸念していると述べた・・・


Sputnik 日本より。

【転載開始】

■国際通貨基金(IMF)のルーク・エバアート氏は29日、
IMFは日本の賃金が低すぎることを懸念していると述べた。

エバアート氏は、
「我々は企業の資金が増えているのを背景に日本の賃金が低下しているのを
懸念している。状態は悪化しすぎた。現在、労働条件は雇用主にとって
あまりにも有利で柔軟だ」と指摘した。

エコノミストたちは、日本政府がデフレ対策に取り組んでいるのを考慮し、
日本の低賃金問題を早急に解決する必要があるとの見方を示している。

 先に、日本には、お腹をすかせた子供や、
生活が苦しい子供のための食堂があると報じられた。


■日本でお腹をすかせた子供のための食堂が急増

日本には、お腹をすかせた子供や、生活が苦しい子供のための食堂がある。
2013年、この「こども食堂」の数はわずか21カ所だったが、
その後3年間で300カ所以上に急増した。現在「こども食堂」の数は319。
その数はさらに増え続けている。   ABC Newsが報じた。

​デイリー・メール紙によると、東京で地域の児童青少年のための活動を行っている
ボランティアグループを率いるイトウ・セツコさんは、
日本では貧困が隠される習慣があるため、
良い服を着て高いスマートフォンを持っていても、
しばしば学校で水やジュースのペットボトルを買うためのお金もない子供たちが
いると語っている。

「こども食堂」には、経済的事情で十分な食事をとることができなかったり、
親が働いていて一人で食事をしている子供たちが訪れている。
「こども食堂」の大多数が、様々な団体や後援者たちの寄付によって存在しているという。
 「こども食堂」のある運営者は夕食を一緒に食べることについて、
親が一日中働いている家庭に不足しているコミュニケーションの機会を
子供たちにプレゼントすると語っている。

なおイトウさんは、政府がすでに「こども食堂」の増加に注目し、
子供の貧困対策に真剣に取り組む意向を示していると指摘している。

伝えられた統計によると、
日本ではひとり親世帯の子どもの約半数が貧困状態にあるという。
母子世帯の平均月収は、約1500ドルとなっている。

【転載終了】

**************************************

日本の大学ランキングや国際競争力の低下は由々しき事態だと思います。

元来、「一億総中流社会」の状況が変わってきたのは、
小泉政権の派遣法改正からだと思います。

50代以上の人たちは老後が見えてくるのでお金は使いません。
一番消費をしてくれる若い世代の収入が低くては経済が活性化するはずもありません。
この理屈が分からないのは、
お金に不自由したことのない二世、三世議員が増えたことにありそうな気がします。

日本のデモが暴動に発展しないのは大きな格差がなかったからであり、
安倍政権の推し進める政策が格差を拡大しつつあります。
何れ、日本のデモが暴動に発展してしまう様な時が来るような気がします。

犯罪においても、今までの日本では考えられないような事件が相次いでいます。

国の崩壊は経済からはじまります。

このまま自民政権が続くようならジム・ロジャースの予言が当たると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR