北方領土返還の条件・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■北方領土返還の条件に プーチン“ロシア軍駐留”要求あるか<2016年9月16日>

 日本の大手メディアはなぜか、“ベタ記事”扱いだったが、
安倍首相とオバマ大統領の日米首脳会談が見送られた一件が、
問題視され始めている。
オバマは安倍首相にカンカンになっているのではないか、
という見方が広がっているのだ。

 安倍首相とオバマは先週8日、
東アジアサミットが開かれていた現地ラオスで会談する予定だった。
ところが、土壇場で会談は中止に。
表向きの理由は、東アジアサミットの終了時間がずれ込み、
日程に余裕がなくなったためとされている。

 しかし実際には、ロシアに接近する安倍首相に対して、
オバマが不快感を示したのだろう、とみられているのだ。

「首脳会談が直前に中止になるのは異例です。しかも、任期切れが近づいている
オバマ大統領にとってラオスでの会談は、最後の〈安倍―オバマ会談〉になる
可能性が高く、日本にとってもアメリカにとっても重要な意味があった。中国問題、
北朝鮮問題と、2人が話し合うべき課題も山積している。日程を理由にキャンセル
するなど考えられない。オバマ大統領はメッセージを発したと考えるのが自然です。
恐らく、北方領土返還を理由にロシアに接近する安倍首相に不信感を持っているの
でしょう」(元外交官の天木直人氏)

 その北方領土返還について、仰天情報が流れている。
何とプーチン大統領は、ロシア軍の駐留を要求するのではないか、というのだ。

「戦後、返還された沖縄には〈在日米軍〉が駐留しています。だったら、北方領土に
〈在日ロシア軍〉が駐留してもいいだろう、とプーチン大統領が屁理屈を持ち出しても
おかしくない、との臆測が流れているのです。常識では考えられないが、相手は
何でもありのプーチン大統領だけに心配されている。もちろん、アメリカは絶対に
許さないでしょう」(政界関係者)

 12月にプーチンを山口県に呼ぶ安倍首相は、北方領土返還に自信満々らしいが、
大丈夫なのか。

【転載終了】

*************************************

万一、次期アメリカ大統領がプーチンに接近しているトランプになった場合、
現実味のある問題かも?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR