日銀の“株爆買い”が始まった?


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■ETF購入は3日に1回ペースへ 日銀の“株爆買い”が始まった<2016年9月14日>

 日銀の“爆買い”がついに始まった――。金融界がざわついている。

「これまで日銀は、午前中に株価が大きく下がったときに、ETF(上場投資信託)を
購入するケースがほとんどでした。ところが、13日は、前場に大幅下落しなかった
のに買った。ビックリです」(市場関係者)

 日銀はETF購入の判断基準をガラリと変えた可能性がある。
「前場に株価が下がらなくても、買う」だ。

「日銀は7月末に、ETF購入額を年間3.3兆円から6兆円に増額しました。
『下がったら買う』のままだと、6兆円を使いきれない可能性があるのです」
(株式評論家の倉多慎之助氏)

 今年4~7月の購入額は1回当たり350億円程度だったが、
8月以降はグッと増えた。
8月4日、10日、25日、26日はそれぞれ707億円を購入。
9月に入るとさらに増額し、7日、9日、12日、13日と733億円ずつ買った。

「それでも現在の金額だと、年内は月に7回ほど購入しないと6兆円ペースに
届きません。市場が開くのは月に20日程度なので、ほぼ3日に1回は日銀が
ETFを購入する勘定になります。まさしく“爆買い”です」(証券アナリスト)

 日銀が買うETFは、日経225(日経平均)連動型、TOPIX連動型、
JPX日経400連動型の3タイプ。
購入比率は未公表だが、最も多いのは日経225型で約55%を占めるという。

「日銀の爆買いで日経225銘柄だけが上昇していく可能性が高まっています。
それを避けるため、日銀は東証1部全体を対象とするTOPIX型の購入比率を
高めるのではないかといわれています」(倉多慎之助氏)

 大和証券は先週末、「もし日銀がTOPIX型をもっと買った場合……」
というリポートを出し、TOPIX型を現状の41.3%(大和証券の推定値)から
6割まで高めた場合に、需給が好転する銘柄をまとめた。
日銀が買い支える銘柄群だけに安心感は高そうだ。

 ただし、海外投資家は「公的マネーによる株価操作」という見方を強めている。
日本市場はますます歪んできた。

【転載終了】

*************************************

日銀がコントロールするのではなく、
市場に日銀がコントロールされてしまってるような感じですよね。

こういうのを「ドツボに嵌る」というのでしょうかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR