この一年間で13兆円の損(年金運用)・・・


【転載開始】

今や、世界最大の年金基金となっています
【年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)】は、
2四半期連続で巨額の運用評価損を計上しています。

4-6月期 -5兆2342億円

そしてこの一年間の損益は<-13兆1929億円>となっており、
2014年10月から2016年6月末の収益でも<-1兆962億円>となっており、
株式投資を増やすとしてポートフォリオ組み直しをしてからの収益をすべて失い
マイナスに落ち込んでいる実態が明らかにされています。

今は<まだ>リーマンショック級の暴落等が発生していない段階でこれだけの損が
生まれているのです。

もし、リーマンショックより規模の大きな暴落が市場を襲い更には円高が襲えば、
【年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)】の元本はこの6月末で
129兆7012億円ありますが一気に100兆円を下回る事態もあり得、
そうなればピーク時残高である一年前の141兆1209億円から見れば、
40兆円以上もの損を被る事態になりかねません。

勿論、混乱に乗じて反対に収益を上げることも可能でしょうが、
果たして年金資金にそのような芸当が出来るでしょうか?

国民の年金が株・円相場次第で揺れ動く状態はどう考えましても健全ではなく、
今はまだこれだけの損で済んでいますが、
もし最悪の事態が発生すれば国民の年金支給が大幅に減額されることは
避けられません。

具体的な収益率

国内株式 -7.38%(-2兆2574億円)

外国株式 -7.76%(-2兆4107億円)

外国債券 -8.02%(-1兆5193億円)

国内債券 +1.91%(+9383億円)

【転載終了】

*************************************

GPIFが10兆円の損失で済んだのは日銀の買い支えがあったからであり、
日銀の買い支えがなければ株価は14000円台であり、
GPIFの損失はもっと膨らんでいたとのことです。

多分、政府は18000円~20000円の株価を見込んでいた節があり、
これだけ突っ込んでも16000円を維持するのがやっとだったということでしょう。

何故、18000円に届かなかったのでしょうか、
外国投資家に利用されてしまったからでしょうね。

日銀やGPIFが買い支えるのが分かっているのですから平気で売ってきます。
そして、下落した株を買い戻し売るという繰り返しなのでしょう。

私のような素人でも「アベノミクス」の恩恵を受けたのがいい証拠です。
1~2年単位で売り買いするような銘柄が爆上げしたのですから・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR