「ポケモンGO」止まない衝突事故、道交法違反・・・任天堂株はストップ安!


Responseより。

【転載開始】

■「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安


「ポケモン」どころか“大バカモン”とでも呼びたいところだ。
日本でも配信が始まった任天堂のスマホ向け人気ゲーム
「ポケモンGO」をしながらクルマやバイクを運転したり、自転車に乗ったりと、
道路交通法違反などの疑いでゲーム利用者の摘発が相次いでいるという。

警察庁によると、配信開始の7月22日以降、
26都道府県で計71件に上ることが明らかになったそうだ。
また、ドライバーがゲームに夢中になって追突事故なども発生、
人身事故が1道2県で4件、物損事故は10都県で32件に上ったという。

きょうの各紙も社会面で「ポケモンGO運転中の摘発71件」(読売)
「運転中ポケモンNO」(東京)などと、
「検察庁が注意喚起を呼び掛けている」と大きく取り上げている。
さらに、交通事故ばかりではなく、「ポケモン」関連の暴行事件なども発生しており、
トラブルが尽きないようだ。

そんな中、東京株式市場では任天堂株の売り注文が殺到。
25日の終値は前週末より18%急落の2万3220円と、
値幅制限いっぱいのストップ安になった。
「ポケモンGOから得られる利益は業績には限定的」との判断から
過度な期待がはげ落ちた格好だ。

ポケモンGOの配信が始まった週末、東京近郊の湖まで日帰りドライブをしたが、
風光明媚な湖畔の駐車場でも周辺の景色を眺めずにスマホに興じていた
ファミリーが多くいた。
何のためのドライブなのかを聞いてみたかったが、
日本人は熱しやすく冷めやすい性格とも言われている。
夏休みは始まったばかり。全国各地の観光地でもそんな光景がいつまで続くのか。
《福田俊之》

【転載終了】

**************************************

「PokémonGO」は子供さんより大人が夢中になっているようですね。
前に、「社会問題化しそうだな」と書きましたが、
3日もしないうちに問題化するとは思いませんでした。

株価は、昨日のストップ高に続き本日の寄付きは1390円安でした。
多分、今後も起こり得る事故などのリスクを嫌ったのでしょう。
任天堂に「迷惑料」的な賠償の訴えもでそうな・・・?

もう一つ問題になりそうなのは保険です。
特約に、「PokémonGO」に起因する事故は、
保険の適用が受けられなくなる可能性もあり得ます。

トレーナーの皆さん、十分お気を付けください。
告訴されたら大変です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR