外国人労働者の「日本離れ」が静かに進んでいる。


日経新聞より。

【転載開始】

 外国人労働者の「日本離れ」が静かに進んでいる。
韓国や台湾などが受け入れを進め、獲得競争が激しくなっているためだ。 
日本で働く魅力だった給与などの待遇面も、差は急速に縮まる。
日本の外国人労働者は今年中に100万人の大台を突破する見通しだが、
今後、より一層の受け入れ拡大にカジを切っても外国人が来てくれない懸念が
強まってきた。

 「月給30万円なんて出せない」。東京・赤坂にある老舗の中国料理店の店主は嘆く。
アルバイトを募集したところ、それまでの2倍の給料を中国出身の若者に要求された。
これまでの給料だと「中国で働くのと変わらない」と相手にされない。 

 上海市の平均月収は2014年の統計でも5451元(約9万円)に達し、
その後も上昇を続ける。
アジア域内での経済力の盛衰は労働人口の減少に悩む日本の地方にも及ぶ。 

 外国人労働者のうち中国人が7割を超えていた愛媛県。
同県中小企業団体中央会は今年1月、ミャンマー政府と技能実習生の受け入れ協定を
結んだ。
愛媛県の最低賃金でフルタイムで働いた場合の月収は約11万円で中国の
都市部と大差ない。 中央会の担当者は「日本に来るメリットがなくなっている」と分析する。

【転載終了】

***************************************

外国人労働者が働いているところは、いわゆる3K職場といわれるところだと思います。

介護職場も3Kに入ってしまうような気がします。

昨晩二男が家にきて話をしていたのですが、二男はチーフという立場だそうですので、
シフトの調整もしているようです。

介護職場は女性が多いこともあり、当然、妊娠する職員も出てくるわけです。
そのようなときはシフトを少し軽めに配慮しているようですが、
女性の多い職場とはいえ、それでも文句が出るようです。
(お互い分かっていても、負担がさらに増えてしまうから)

二男は、苦情を受け止めつつ、あえて無視しているようです。
そうしないと、ただでさえ人手不足のところ人が居づらくなり、
辞めていってしまうからだそうです。

安倍政権みたいに、施設を増やすなどと的外れなことを言っている上に、
補助金まで減らしてしまっていますので施設も経営が苦しいのです。

介護世帯は現実を知っていますが、まだ介護に関わらない若年層世帯は
実体を知らないかの現実のような気がします。

二男が勤めているところはJA系列で、地域でも比較的大きな施設ですが、
それでも人手不足は危機的な状況です。

賃金が低ければ労働者はより条件のいいところに移ってしまいます。
小さな施設は人員や資金が持ちこたえることができず、廃業していってます。

これからの若年層世帯は、親の介護を自宅ですることになってしまい、
仕事も辞めざるを得なくなってしまうことになるような気がします。

何度も言うようですが、親と自分の年金、
そして、預貯金がないと施設に入れるのも厳しいことになります。
それだけ、年金は重要な位置付けなのです。

相場のようなギャンブルに使ってはいけないものです。
どこかずれている安倍政権ではどうなることやら・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR