陛下が身を賭して抵抗の姿勢を示したのか・・・?


NHKは参院選を前にこのニュースを出そうとしたものの、
官邸からストップがかかって、一旦、報道を断念しているようです。

なぜ、陛下は改めて、生前退位の姿勢を強く示したのか?


ある情報では、
新聞・テレビはたんに「自らの体調を考慮」などと報じているが、
そんなことでこの行動は説明できない。
なぜなら、現行の皇室典範でも天皇が公務に支障がある場合は、
摂政をおくことができるからだ。

 実は、宮内庁関係者の間では、今回の「生前退位の意志」報道が、
安倍政権の改憲の動きに対し、天皇が身を賭して抵抗の姿勢を示したのではないか、
という見方が広がっている。


という情報もあります。
昨日書いた内容に沿ったものでもあります。

何故かというと、生前退位こそが、今、安倍政権や日本会議が復活を目指している
大日本帝国憲法の思想と真っ向から対立するものだからだ・・・そうです。

天皇と皇后がこの数年、安倍政権の改憲、右傾化の動きに危機感をもっていることは、
宮内庁関係者の間では、常識となっていたそうで、
実際、第二次安倍政権が発足し、改憲の動きが本格化してから、
天皇、皇后はかなり具体的で踏み込んだ護憲発言を何度も口にしていました。


又、首相官邸の皇室典範改正準備室がひそかに必要な法改正などの準備に
入っていることも明らかになっています。

 政府関係者によると、宮内庁や内閣法制局の勤務経験がある
10人ほどの官僚からなる皇室典範改正準備室の態勢が強化され、
すでに法改正などの準備に入っていたそうです。

今後どうなるのか?「憲法改定」と併せて注目していきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR