GPIF(公的年金)一番の問題点・・・


MONEY VOICEより。

【転載開始】

■5兆円損失は「まあ、そんなものだろう」

GPIFの正式名称は「年金積立金管理運用独立行政法人」となりますが、
これはいくらなんでも長過ぎる名称ですね(笑)

このところ、新聞などで書かれているのが、
2015年度の運用損失が約5兆円にのぼる見込みといったものです。

“失われた5兆円”みたいなセンセーショナルな見出しが付くと、
多くの人がショックを受けるものと思いますが、
さすがにこの報道の仕方には偏りがあります。

もし、運用総額が10兆円でマイナスが5兆円だったら、
確かにやばいのですが、約150兆円に対しての5兆円です。
利回りでいえば、マイナス3.5%程度です。

昨年の上海ショックに伴う金融市場の混乱を鑑みれば、個人的には、
その位のマイナスだったら、まあ、そんなものだろうと感じています。

■本当の大問題

一方で問題だと考えているのが、
「GPIFをアベノミクスの株高誘導に使ってしまった」ことです。

これは、年金の原資を使った、壮大なギャンブルみたいなものです。

2014年10月に、国内株式運用の割合を従来の約15%から25%に変更することを
発表したわけですが、その後しばらくは、日本株が上がって、
株式投資していた人は利益が出ましたし、GPIFの運用成績も上がって、万々歳だった。

でも、この好循環はあくまで、株高が続くことが前提です。

日経平均でいえば20,000円を超えたあたりで天井となり、
現時点では150,00円といったところで、約25%下落している。

GPIFの運用は、予め、ポートフォリオ(資産構成割合)を決めていますから、
個人投資家のように、下落したから慌てて損切りということはなく、
損失といっても実現損ではなくて含み損が大部分と思われますが、
別な視点で考えてみたら、損切りして他の投資に果敢に切り替える可能性は低い。

同じ年金基金でも外国のものは、ヘッジファンドを使ったり、特定企業の大株主になって、
質問状を送付したり、さらに強烈なアクティビストとして行動する所もあるのですが、
GPIFにそのような戦略性を感じることは皆無で、手厳しい言い方をすれば
「日本の証券会社の応援団」みたいなものだと感じています。

【転載終了】

**************************************

確かに、総額から言えば3,5%かも知れませんが、
それは、投資的観点から見た印象だからです。
GPIFの投資は自らの投資で株価を強制的に上げたので、
本当の意味での景気回復がないと、損失を出す確率の方が高いように感じます。


個人的には、年金をかなり重要視しています。

私自身が基礎年金をもらう年齢になったこともありますが、
高齢者(個人的には75歳からと考えてます)になったとき、
子供たち又は施設に世話になる場合、預貯金と年金が重要になります。

私は基礎年金と個人年金の立場ですので、現役の時のような収入はありませんが、
非正規雇用に近い収入はあります。

今回の高額な車購入も、妻が現役であり、私の年金収入もそこそこあるから、
最後の贅沢として購入の決断ができました。

尤も、妻が私の車狂いを大目に見てくれていることが大きいでしょうが!(笑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR