「AIIB」日本参加への道・・・


日刊ゲンダイより。

【転載開始】

■鳩山元首相“売国奴”批判の的外れ 「AIIB」日本参加への道< 2016年6月28日>

 AIIB(アジアインフラ投資銀行)の顧問となる
「国際諮問委員会」(インターナショナル・アドバイザリー・パネル)の委員に、
鳩山由紀夫元首相の就任が決まりそうだ。

「国際諮問委員会」は各国の首脳経験者10人程度で構成し、今秋に初会合を予定。
時事通信によると、鳩山元首相はAIIBの金立群総裁から直接就任を要請され、
これを快諾。
「日本は進んだ技術力を持っている分野がたくさんあり、そうした協力をやるべきだ」
と話したという。

 AIIBは25~26日に北京で第1回年次総会を開催。
開幕式で金総裁は新たに加盟を希望する国が24カ国に上ることを説明。
これらの国すべてが参加した場合、AIIB加盟国は現在の57カ国から81カ国に増え、
日米が参加するADB(アジア開発銀行)の67カ国・地域を上回る見通しだ。

 AIIBとADBが現在、ライバル関係にあるとはいえ、
双方の扉を固く閉ざしておく必要はない。
AIIBの参加希望国が増えている状況なら、なおさらだ。
鳩山氏の顧問就任は日本にとっても決して悪い話じゃないのに、
ネットでは「売国奴」なんて鳩山憎しの声であふれ返っているからどうかしている。

元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。

「イギリス、フランス、ドイツをはじめ西側諸国のほとんどの国が参加しているAIIBに
日本が参加しない理由は見当たりません。鳩山氏の顧問就任は、日本が将来、
AIIBに参加する時のためのパイプづくりになる。歓迎するべき話でしょう。鳩山氏は
中国の金融グループとも積極的に意見交換してきたので、AIIBも適任と判断したのだ
と思います」

 これがまっとうな見方だろう。
ネット住民は「中国主導のAIIBは怪しい」の一点張りで鳩山氏を執拗に批判しているが、
「国際諮問委員会」は、中国主導との批判に対して透明性を確保するために設けるものだ。
日本政府も主張があるなら、鳩山氏を通じて堂々と訴えればいい。
それにAIIBは、すでにEBRD(欧州復興開発銀行)や世界銀行とも協調融資の協議を
進めている。
もはや中国主導だからといって、好き勝手できるワケではないのだ。

 単なる「嫌中感情」だけで将来のAIIB参加の道を閉ざしてしまえば、
窮地に追い詰められるのは日本なのだ。

【転載終了】

****************************************

鳩山氏の顧問就任は決して悪いことではないと思います。

参加国が80ヶ国以上ともなるとアメリカでさえ無視はできません。
さらに参加国が増えていき、
下手をすればいきなりアメリカが参加するかもわからないからです。

そうなれば日本だけが孤立してしまいますし、
ADBから脱退してしまう国もあるかもしれません。

つながりを持っておくのも悪い話ではないでしょう。
中国にとっても、全く日本と切れてしまうのは本意ではないと思うのですが?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR