日銀が金融政策の現状維持を発表・・・


四季報オンラインより。

【転載開始】

昼休み中に日銀が金融政策の現状維持を発表。
ほぼ市場の想定通りだったが、
不動産株は追加緩和期待で前日後場にじわりと買われていただけに、
失望売りにさらされているようだ。

 日銀は現行の「マイナス金利付き量的質的緩和政策」の維持を決定。
マネタリーベースの年間80兆円増、
ETF購入枠3兆3000億円、当座預金へのマイナス金利0.1%を据え置いた。

【転載終了】

************************************

予想どおりでしたが、やはり失望売りでかなり下がってきています。

円も105円を突破し、現在104.66円(円高進行中)です。
下手をすると、夜間取引で一気に103円台もあり得ます・・・

6月23日に予定されているイギリスのEU離脱国民投票で離脱が決定すれば、
円は最大で6円の円高になるとの予測です。

EU離脱を反対しているのは若年層なのだそうですが、
この層が投票には行かないようだという情報もあります?
若者が投票に行かないとすると離脱が濃厚になってきます。

円/ドル99円台、日経15000円割れも考えられます。

確か、トヨタの為替レートは105円だったと思いますが、
約2160億円の為替差損が発生することになりますね。

景気も一気に冷え込む可能性もあります。

諸々の問題に加えて、アベノミクス批判が高まれば、
安倍首相の退陣も現実のものとなるかも・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR