財務省発表(法人景気予測:期待が大きく外れた景気)・・・


【転載開始】

財務省が発表しました法人景気予測調査(財務総合研究所担当)によると、
日本の景気はこの4-6月期には「回復する」という見方が強かったものが
蓋を開みてみると、反対に更に悪化している状況が明らかになっています。

以下をご覧ください。

大企業全産業ベース

前回調査(1-3月期) -3.2 4-6月期(予想) -2.2 :先行き1.0の「改善」
今回調査(4-6月期) -7.9

前回調査時には<-3.2>だったものが、
この4-6月期には<-2.2>まで改善すると予想されていたものが、
実際には更に悪化の<-7.9>となっているのです。
これから分かることは、多くの大企業がこの4-6月期に景気が回復すると
期待していたにも拘わらず実際には景気は回復するどころか、
更に悪化してしまったということになります。

大企業よりより劇的に景気が回復すると楽観していたのが中小企業です。

中小企業全産業ベース

前回調査 (1-3月期) -16.6 4-6月期(予想)-6.1 : 先行き 10.5の「改善」
今回調査 (4-6月期) -16.9

前回調査時には<-16.6>まで落ち込み、4-6月期は一気に<10.5>も改善すると
期待していたものが、実際には更に悪化の<-16.9>にまで悪化してしまっているのです。

中小企業が如何に「景気が回復する」と楽観していたのが分かります。
そして、この景気が回復すると予想し、それが大きく外れたのは<非製造業>となっており、
以下のようになっています。

1-3月期 -16.1 4-6月期 (予想) -6.9 実際 -17.2

今回の調査で分かることは、マスコミ等の発表を信じ景気は回復すると思って
設備投資を行い人も雇用もしたものの、蓋を開けてみたら需要はそこにはなく、
慌てている姿と言えます。
今後、雇用調整は避けれませんし、設備投資も大きく減らすことになるはずです。

0%金利からマイナス金利となり、異次元緩和から常識外緩和となり、
お金が有り余る状況になり一部の不動産等にはバブル現象が見られますが、
国民的には「お金・需要はどこにいった?」となっているのです。

今後一ドル90円、一ユーロ100円という円高が来た場合、日経平均は暴落するでしょうから、
国内消費は一層減少し、そのような中、日中間の政治的衝突が発生した場合、
爆買いは消滅しますから、国内景気にはダブルパンチとなります。

株・為替・景気に赤信号が点灯しています。

【転載終了】

***************************************

悪い数字が出てくるのは、官庁の安倍内閣への意趣返しか?

最近では、新聞にも消極的な「アベノミクス」批判が載るようになりましたね。

政権応援団の三紙以外ですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR