明確な黒田総裁への反旗(三菱UFJ銀行)・・・


【転載開始】

三菱東京UFJ銀行は国債の入札に特別な条件で参加できる資格を
国に返す方向で調整に入ったと報じられていますが、
これは一部の日銀プロパースタッフや金融機関内部に屑ぶっている
黒田総裁更迭論に勢いを付ける動きになります。

今回の返上理由は、マイナス金利政策のもとで国債を持ち続ければ
損失が発生しかねないためですが、金融界としてはもうこれ以上日銀には付き合いきれない
とした動きであり、護送船団方式と言われてきた日本の金融市場がこれで「崩壊」することに
なるかも知れません。

そして、今後、「札割れ」がいつ出るかに焦点が移ります。
「札割れ」が発生しますと日銀の金融調節が不調になったということになり、
政府・日銀による国債買い入れをベースにした金融緩和が出来なくなるからです。

戦後日本を支えてきた護送船団方式が崩壊し、
国債発行・支配構造が変わる歴史的な年に今年2016年はなるかも知れませんが、
これが今の1000兆円を超える国債市場を根本的に変えることになれば、
国債の格付けは今の<A格>などとても維持できるものではなく、
<B格>に格下げされ、ジャンク債という扱いを受けることになるのは避けられません。

<B格>ならまともな金融機関(年金資金等)は安全資産として保有出来なくなりますので、
1,000兆円の国債がジャンク債市場に流れ込み、金利は暴騰し(価格は暴落)、
日本は一瞬にして破産することになります。

日銀黒田総裁の首が危なくなってきている今、
次なる「矢」は金融機関をなだめることが出来るでしょうか?

【転載終了】

****************************************

もし黒田総裁が更迭されることになれば、
完全に安倍首相が「アベノミクス」の失敗を認めたことになります。

当然、マイナス金利拡大の追加緩和はできなくなります。

そうなれば、市場が混乱する事態が想定されますので、
安倍首相の退陣にもつながりかねません。

EUではイギリスのEU離脱問題は、国民投票が僅差で離脱が濃厚になってきています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

琥珀紳士

Author:琥珀紳士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR